calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

楽天ショップ

楽天トラベル

Amazon

コーチングin愛媛

 今日も明日も明後日も、日が沈むまでぐ〜るぐるグ~ルグル。

愛媛は3日間、良く吹きました。SSのトラピーズコンデションなんてすごく珍しい^^;
SSに乗り始めて数回のペアなので、基礎からひたすら練習です。

何回沈したかは数えきれません^^;

今回は、マリーナのクレーンが故障のためレスキュー艇が降ろせず(T_T)
小っちゃなチッチャナゴムボートで揺~らゆら。丘に上がっても、まだ体が揺れた感覚です^^;

いよいよ今週末から国体が始まりますね。
台風来てるけど大丈夫かな…^^;

海の甲子園

今日から海の甲子園。

でしたが、台風→温帯低気圧と前線の活発な活動の影響で暴風になり本日はノーレース。

午後からSS級クリニックを行いました。

明日は30分予定を繰り上げてのスケジュールになります。


SS級コーチングin小戸2

昨日も小戸でSS級のコーチング。

よりによって九州北部は大雨洪水警報(-_-;)
午前中は丘待機で座学とトレーニングを。午後は小雨になったので海上練習を行いました。

昨日練習に合流した渡辺駿選手(中村学園山陽高)は先週行われた唐津IHのチャンピオン。彼がOPジュニア選手時代、マレーシアのアジア選手権に一緒に行ったことがあり良く知っていました。IHチャンプとは成長したもんだ^^;
彼は風見が無いと生きていけないそうです(笑)

昨日は博多泊だったので、ハーバーが閉まる18時まで練習^^;小戸ハーバーの皆さん、お世話になりましたm(_ _)m

コーチングした秋田県連成年女子チーム。ともに秋田県本荘高校出身でスキッパーの松田のどか選手は日本経済大1年生19歳。クルーの高橋むつみ選手は東北大医学部看護出身の才女で10コ以上離れたお姉さんコンビ。トラピーズが久しぶり過ぎて動作がバタバタしていました^^;

さて、今日はまた金沢へ戻ります。今は新幹線の中。

これは博多駅で撮った九州新幹線。はじめて見た^^;
そして新大阪からのサンダーバード

七尾まで4時間の旅〜♪琵琶湖岸を走ると「右手には琵琶湖が〜」と車内アナウンス^^;最深部で100mあるんですね。沈したらマストが折れる印象が強かったので・・・・

電車でお仕事してたら揺れで酔いました(-_-;)

明日は金沢。
明後日から兵庫県の西宮で「海の甲子園」です。


SS級コーチングin小戸

久しぶりの福岡です。

もう5,6年ぶりくらいかな?もっとかな?

しかし、全国的に悪天候な週末。福岡にも前線があって土砂降りの雨です。雷もゴロゴロ(-_-;)


合間を見ては練習練習。色々な風で練習しました。
SS級の秋田県、福岡県成女少男の3艇。複数での練習は競争できるので動作一つとっても効率が良いです。

今日も同じく小戸でコーチングです。


SS級(セーリングスピリッツ)のお話

まずメインセールのフィッティングから。



写真のようにバテンを入れますが、このバテンのテンション(回転数)はセールによって異なることが分かってきました。

バテンの長さが少し異なったり、バテンの長さは同じなのにかかるテンションが違ったり(キャップを閉める強さが異なる)などなど。セールも人の手で作られるので、一枚一枚同じでは無いということ。



回転数の目安もありましたが、これはあくまで目安です。上は強めで下は弱め。



それはこの写真を見て分かりますが、セール上部は非常に浅いですね。
目安は単純比較ですが、SS級のアップウィンドでのハルスピードは470級に近いです。スナイプ級のスピードならスナイプ級のdeepがハルスピードにマッチしたデザイン。470級よりセールカーブは深いです。

そしてモスのようにハイスピード艇はそのスピードにマッチしたデザイン。フルバテンのメインセールはウィンドサーフィン級のように非常に浅いです。

簡単に表現すると、深いセールは馬力はあるが、ギア比は低い(トップスピードが遅い)。浅いセールは馬力は無いがトップスピードは速い。
重い艇種は3速で走る(馬力のある深いセール)か、軽量の艇種は5速で走る(トップスピードの出る浅いセール)のようなイメージです。

SS級にあてはめると、SS級のセールではハルスピードに対してセールカーブは浅すぎです。もっと全体を深くセットしたい。セール下部はアウトホールを出すことで深く出来るので最初からバテンテンションを強くする必要はありません。強過ぎると強風の時にアウトホールを引いてもセールを浅くすることが出来ずパワーダウン出来なくなってしまいます。

セール上部は深くしたい(というか適正な深さを持たせたい)ので、バテンテンションを強くしますが、強過ぎるとバテンが返らなくなるので限界があります。テンションの目安はチームの技量によって変わってきますが、バテンが返るギリギリ強く入れましょう。上手なチーム程テンションを強くすることが出来ます。

バテンのテンションが強すぎてバテンが返らないようなことにならないように注意して下さい。

余談ですが、バテンを柔らかくすればセールカーブは深くすることが出来ます。SS級には効果テキメン!でしょう。。。しかしクラスルールではバテンの側面を削り柔らかくすることは許されていません。SS級の艤装変更可能な場所は限られており、それ以外をいじることはルールで禁止されているので注意して下さい。

また、もともとセール本体にカーブが入っていないので、無理やり深くしようとしても良い効果は得られません。あくまで目安であり、やり過ぎに良いことはありませんでのこれも注意です^^;

次回はチューニングについてです。


岐阜県連コーチング2日目

今日の蒲郡は軽風〜強風まで色々な風が吹いてくれました。

あまり経験したことのない150°付近からの8〜9m/sくらいの風もはいったりして。珍しかったですね。これがまたシフトが大きいのでレースでは難儀することでしょう^^;

岐阜県SSチームは4艇で練習。愛知県成年女子も交ざって5艇で練習しました。


この愛知県成年女子は碧南のOGなのですが、高3の時に少年女子の選手で琵琶湖の強化合宿などでコーチングした選手たちです。

あれからもう5年・・・早っ!過ぎる年月の移り変わりに哀愁を感じてしまいました。。。笑

岐阜県チームは海津明誠高校ヨット部の現役・OBOG中心のチームで、良くまとまっています。
SS級には昨年のリハーサル国体で優勝した成年女子の伊藤/渡辺組がいて、少年男女を引っ張っています。


少年男女は基本練習の錬度が非常に高く、これまでよく練習してきた様子が伺えました。

あと必要なのは「勝ち気」でしょうかね。。。勝ちに対するこだわりというか「熱さ」が欲しいところです。一生の内に何度も経験出来ない国体の「地元開催」選手として選ばれた「運」もあります。是非頑張って欲しいですね。

さて、今週の私は470新艇のコーキングで金沢へ。そのまま神奈川に戻って関東スナイプに参加します。
いや〜、でも今朝はヘトヘトで起きられませんでした^^;


因幡の白ウサギ

さすが蒲郡です。吹いてます。
海面には白い兎がピョンピョン!無数に跳ねています。


昨日は午後からMAX15m/s!めちゃ吹きです。

体力の続く限り、気持が折れるまで海上トレーニング!
キャー(>_<)

今日も蒲郡で岐阜県連のコーチングです^^v
晴れてます。
吹いてます^^;


SS級(セーリングスピリッツ)

SS級のことで質問をたまに受けますが、webヨッティングに掲載した「SS級レベルアップガイド」というものがありますので紹介します。

URL→http://www.yachting.jp/How%20To/SS_Class_001.html

最近はネット検索しても上位になかなか来なくなったようで。。。
是非ご参考下さいませ^^/

コーチングin愛媛

 先週末は愛媛県連のコーチング。

国体前の強化練習です。国体種目以外にも、地元のジュニア、大學ヨット部なども一緒に練習。

日曜日には松山ジュニアの試乗会もあり、沢山の子供達がヨットに触れ、海を楽しんでいました。底辺拡大はとっても大事な事だと思います^^v

さて、今回はSS級の軽風時のジェネカージャイブの連続写真です。
モデルは愛媛県少年男子チームのユウキ(高2)/マサキ(高1)組。

ジャイブ用意!

クルーはリングを切ります。この時目線は必ずジェネカーへ!船を揺らさないようにそうっと動きます。

スキッパーはロールを掛けます。決してティラーで船を回さないように。ヘルム(ウェザーやリー)で船を回すのは基本中の基本です。写真では綺麗なロールでヘルムを生み出しています。
写真はジェネカーが最後まで効いているのが分かりますか?シバーすることなく船を引っ張っている(推進力を保つ)様子が良くわかります。

ジャイブの瞬間。写真のようにクルーはジェネカーシートを引く手は止めないことがポイントです。ガンネルに捉まったりすると手が止まってしまうので、ジェネカーが綺麗に帰らなくなります。

メインのバテンを返した瞬間。ヒールの起こし始めにスキッパーが上手にバテンを返しています。クルーはジェネカーを一度引ききって、まずはジェネカーを張ります。写真は若干オーバーヒールですね。

ロールを起こしながら、クルーはジェネカーを引きっぱなしではダメ!!
写真のようにジェネカーを最大限飛ばし、船を前に引っ張ります。目線はジェネカーから離さない。トラピーズリングを掛ける時も、目線はジェネカーです。写真の動作はgood!

写真では、掛けたリングが外れてしまいトラピーズに出ている予定がくるってオーバーヒールが入りました。最後だけミスですね。もったいない(-_-;)

連続写真のジェネカージャイブはniceジャイブだと思います。
また驚くことに、クルーのマサキ選手は高校からヨットを始めたのでヨット歴5ヶ月!それでこの動作はスバラシイですね。高校生の可能性にはいつも驚かされます^^;

SS級コーチング

新たにマイラーセールになったSS級。また独自の進化を続けています。


少年男女では、インターハイでは順位が奮わなかった選手達が、国体では上位入賞と大きくジャンプアップしている例が多々ありました。


また、成年女子SS級でも世界で活躍する470級女子ナショナルチームと対等以上に戦うことが出来た上位チームも存在します。


この艇種には独特のテクニックやセッティングが存在し、それをマスターすることで日本のトップ選手になることが可能な事を証明してくれました。


またSS級レベルアップガイドへ進化版を掲載し、情報を発信していきたいと思います^^


もちろん、企業秘密もありますケドね^^;笑

| 1/4PAGES | >>