calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

archives

楽天トラベル

楽天

第3回江ノ島スナイプ つづき

土曜日に中止になった分、日曜日に8時半ブリーフィングからの即出艇^^;

 

朝から北風がバリッと吹いてます。

風速は15kt程度はあるのですが、シフトが大きくて運営泣かせ。

30度は楽に振れるのでスタートラインの有利エンドが極端に偏ってしまいます。

第1レースはゼネリコ3回。

2~4回目はブラックフラッグ適用で、結構な数の船がブラックの餌食になりました。

 

第1レースは全日本チャンプヘルム大井/西島組(辻堂加工/才全会)が貫録のトップ。2位に全日本チャンプクルーの乗った平川/酒井組(早稲田OB/辻堂加工)。さすがの全日本チャンプ達です。

 

第2レースは風が落ちて振れフレ(;´Д`)

一旦スタートするも途中でN旗ノーレース。

最終予告時間ギリギリまで粘って、やっと吹いてきた9ktくらいの東風でやり直しの第2レースを実施。

 

トップはこの風を得意とする元470全日本チャンプ高木/高木組(BEST WIND)が、順位が入れ替わりながら逆転につぐ逆転でトップ。2位には元全日本チャンプヘルム武居/北川組(TJMデザイン)、3位に常勝アイシン精機 笹井/中島組(AW☆スターズ)。

 

合計2レース成立の今大会は2レースを安定した順位で走りきったベテラン内田/入江組(逗子開成高教/早稲田)が3-4 7pで優勝!おめでとうございます。

内田先生は優勝が10年以上ぶりだそうです^^;

これだからスナイプは辞められない(笑)

クルーの入江選手は内田先生の教え子でもあって逗子開成→早稲田の学連トップスナイパー。その影響は大きかった事でしょう。

 

成績上位)

内田伸一 /入江裕太 3-4 7p

平川竜也 /酒井則彰  2-7 9p

脇永達也 /広原周  5-9 14p

杉浦 涼斗/ 宮野 鴻  8-6 14p

関口 功志/櫛田 佳佑 4-19 23p

大井祐一 /西島 孝  1-23 24p

 

成績表→2020_enoshima_snipe_result_fix.pdf

運営の皆さん、寒い中お疲れ様でした。ありがとうございました。

シフトが大きくて、とても難しいレース運営だったと思います。

 

そして我々はといいますと、第1レースのスタート早々にブラック旗にかかってしまい失格(;一_一)

BFD-1 50pも稼いでしまいました。。。

何年ヨットやってもいまだブラック旗にかかるとは…

 

寒風吹き荒さむなか、次のレースまで1時間も海上で待たなくてはなりません。。。(クルーの嫁さんに申し訳ないことこの上なく…)

その間にブラック旗にかかる時の自身の傾向を分析して対策。

気持ちをしっかりと切り替えて第2レースはきっちりトップフィニッシュ。

終わりよければ…笑よし

 

しかし第2レースは得意な風域とはいえ、難しいレースでした。30度-60度シフトの中、スタートはエンドを責めず空いているライン中央から出たのですが、早めに集団に飲み込まれ苦しい展開に。

コース中央までは他艇のホープレスポジション(他艇に風の影響を受ける場所)で走る時間が長かったのですが、クリアエアーよりもシフトを優先させて苦しいポジションでもひたすら粘ります。トップ集団にはジリジリと離されますが、シフトの逆を走らないことで距離を離されないように耐えの展開で第1上マークをシングルで回航。

 

フリーもシフト重視であまり先に動かず、集団と合わせながら前に追いつきます。2レグ目のアップウィンドもシフト重視ながら、振動型と一方通行型のシフトの使い分けのコースで2位まで浮上。

フリーも順位をキープして最終アップウィンドレグへ突入。ゲートマーク回航後、集団が左右に分かれますがリフト優先で、周りがどう動こうが焦らず対風のコースと対艇コースの使い分けでトップフィニッシュ( `ー´)ノ久しぶり笑

先月のレース2日目の反省が生かせました。自画自賛(^^;)

 

今回も、私を信じて励ましてくれるクルーの嫁さんにかなり助けられました。気持ちの切り替えが出来るのは夫婦船の特権かもしれませんね^^笑

 

とはいえ、成績は悪いのでやはり横文字(BFDやOCS、DSQなど)は絶対にアキマセン(~_~;)


第3回江ノ島スナイプ

1月18~19日、葉山港にて行われた第3回江ノ島スナイプ。

気温3度。雪の降る中、酔狂なスナイパー(笑)が100人近くも集まりました。

 

初日はガストで30ktオーバー予報の荒れた天候です。

海水温が17度程あって、気温差により海面に湯気が立ちのぼり視界がありません。朝のブリーフィングの段階で初日は早々に中止が決定。

翌日のスタートを早めて、減ってしまったレース数を取り戻します。

 

今回、金沢大を呼んでいまして10時間かけてトラックで遠征してきました。

せっかく遠くから来たので少しでも有意義に過ごせるようにと考え…

 

結果、トレーニングの勉強会に(笑)

行ったのは「セラーピールーム逗子」

今年1月にオープンしたばかりです。

 

代表の水野さんはヤマハチームのフィジカルトレーナーで、私のヤマハ時代に一緒に仕事をしていたお仲間。

最新の理論を常にアップデートさせていて、初めて聞くこと・体験することがとても多くて勉強になります。

学生さんレベルの知識だと、トレーニング=筋肥大に意識が向きがち。もちろん筋肥大も大事ですが、アスリートに必要な能力は持っている力を自由に正確に制御、コントロールすること。「百獣の王」武井壮さんも言っていましたが、身体を正確にコントロールする技術って非常に重要で難しいことらしい…

 

そんな、他では聞けない内容のトレーニングを勉強させてもらいました。

関東水域の学生さんは是非一度訪問してみることをお勧めします。

事前にご連絡を。相談は無料とのことですよ^^

 

続きはまた今度。

二日目のレースの模様です。

 

今からパソコンを修理に出さなくてはなりませぬ(~_~;)

MacBook の調子が悪い。

リコールが出されているようですが、バッテリー不調でダウンしてしまいます。。。

 


嵐デスか?^^;

今週末は江ノ島スナイプ。

開催は葉山港。

 

windguruでは土曜日が嵐の予報(; ̄ェ ̄)マジカ…

全日本予選なのですが、ポイントは各レース毎に付くシステム。

レース数が多くないとポイントが稼げません。

 

我々のチームはシーズン中はスケジュール調整が難しく中々レースに出れないので、オフシーズンに行ってくれるのは賛成。

しかしこの寒さには閉口(~_~;)

今週末も最低気温3℃で爆風予報…

 

先回12月は福岡や京都から学生さんが遠征に来ていました。

そこで今回は、オフ期間中の金沢大を呼びまして3チームが参戦予定です。

その内1チームはOB数年目の若手。最近、中古艇のピアソンを買いスナイプの世界へどっぷりと浸かることになりました笑ようこそ!

こうやって、卒業してもヨットを続けてくれるのは嬉しい限りです^^冥利に尽きる

 

明日、金沢からトラックを走らせてきます。

夕方には船降ろし。3段ラックなので16時頃、誰か手伝って下さい〜^^;

選手6人は明日から我が家で合宿です。

 


あれ…(ー ー;)

週末の江ノ島スナイプですが、最終結果は50艇中の4位。

 

日曜日は朝から軽風で、我々軽量チームの最も条件の良い風だったのですが、、、

吹いた土曜日(8−2−4)よりも悪い(9−9−17)という結果に(ー ー;)

 

これではもはや「軽風コンビ」ですらない…

全然ダメダメな結果に終わってしまいました。

軽風レースで前を走れなきゃ我々は終わりです。

 

初日トップで気分はアゲアゲ⤴だったのですが笑

二人して余計に落ち込んでしまいました😩😩

 

敗因は…う〜ん(ー ー;)

一言で言うと「キレの無さ」とでも言いましょうか…

レース展開にキレが無かったですね。

ず〜っとコース中央でパタパタと展開し、シングルは外さないが上位に食い込めない。

最終レースはカットレースもあったので、キレを求めたら謎のギャンブルコースという情けない展開。

 

でも、久しぶりの陸風振動型振れ振れコースのレース展開で、少しだけ昔を(15年前くらい?)思い出してきました笑

こんな真冬にレースしたのは久しぶり。いつも暖かい南風でしたもんね。。。

このまま終わるのも感じ悪いので、もう少し修行してまた来年度のワールド予選に臨んでみます。

1位 白石/上田組(ノースセール/福岡大)わざわざ福岡から修行の為?に遠征

2位 松永/大井組(才全会/辻堂加工)全日本チャンプ同士のドリームチーム。

3位 高曽/谷口組(MYRC)初日、二日目とも我々と同点で逆転

4位 高木/高木組(BEST WIND)軽風レースで順位を落とし落ち込む

5位 平川/酒井組 クルーが全日本チャンプ。良く絡みました

6位 岡/曽我組 (… …)ゴメンナサイ

そういえば…

私くし最近、スナイプの国内レースがずっと4位続きの模様( ̄◇ ̄;)

先回の全日本4位→江ノ島スナイプ4位→関東スナイプも4位、そんでもって今回も4位で4連チャン。メダルの壁が厚い。

(ついでにワールドも4位だったら良かったのにぃ(ー ー;))

 

「安定感はあるが瞬発力が無い。」

KAZIの松本さんの記事にそう書かれたのが26歳の全日本470選手権の時でした^^;ナツカシイ

あれから21年。その再来ですかね…クッソ〜

 


超寒い

こんなに寒い日にレース出たのはいつ以来だろう…

 

極寒の海で3レース実施。

 

気温が上がらないので、密度の高いクソ重い空気が吹き付ける相模湾(-_-;)

 

サイドピンを上げてOverなpowerをダウンさせてフルハイク!

 

北っ気の大きなシフトのフラット海面で、3レースとも何とかシングルで乗り切りました( ̄▽ ̄;)

 

審問がいくつかあって暫定順位は不明ですが、中々良いセン行ってるはず…^_^;

 

明日も3レース予定。

 

頑張ります(`_´)ノ

 

※暫定順位出ました。

久しぶりに暫定トップ(`_´)ノ

15ktのコンディションで女子クルー(嫁さん)。

かなり頑張ってるゾ(^^;


スナイプワールド5日目 最終日

最終日の今日は、軽風→強風コンディションで2レースを実施しました。

photo by SCIRA

 

今大会で一番のライトウィンドとなった第8レース、スピード差の少ないスナイプ級は各マーク大混戦で回航して行きます。ここで弾かれると一気に10艇程度に抜かれるような状況でした。

 

スタート後、有利サイドの右海面へ集団が伸ばしますが、その中で生き残った中島/伊藤組、松崎/服部組が第1上マークをシングルで回航していきます。

下マークに向けて大集団がゲートに殺到し順位も大変動。中島/伊藤組は上手く抜け出してシングルをキープしますが、松崎/服部組は集団に捕まって27位まで順位を落としました。

 

続く最終レース、レース海面をハーバー前に移しますが、ここで最後に大きく風が吹き上がって来ました。

ここでも岸の影響を受けて右海面が有利な状況になり、岸へ向けてスピード競争になります。日本勢は振るわず、結果地元ブラジル勢が総合でワンツーを獲得し、ワールドが終了しました。

結果)

1位Henrique /Gustavo(BRA)

2位Paradeda/Gabriel(BRA)

3位Damian/Jordi(ESP)

20位松崎/服部8-26-27-18-26-10-UFD-27-21

23位中島/伊藤46-37-58-35-24−8-15-9-24

29位井上/小島2-20-34-19-28-51-35-25-48

30位山田/山下26-5-57-27-43-31-26-22-26

52位高木/高木43-36-59-59-46-55-42-13-57

53位橋本/室田51-38-56-52-64-44-33-24-DNF

56位森谷/山本12-44-40-56-52-57-47-56-55

 

 

そして我々のレースも終わりました。

今回は全く良いとこ無しでした(T ^ T)

フリートの後方へじりじりと追いやられ、後ろをついて行くしかない状況の苦しさたるや…

しかしこの経験は必ず活かさなくてはなりません。

このブラジル遠征が有意義なものであったと言えるように出来るのは未来の自分だけです(`_´)ノ

 

最後に日本チームでパシャリ!

JPNビブスは大会側が準備してくれたものです。

 


スナイプワールド4日目

今日は強風→中風コンディションで2レースを実施しました。

 

毎日、スタートの2時間前にD旗が掲揚されて出艇し、1時間かけてレース海面まで移動します。

今日は無風の中、曳航で移動していたのですが、レース海面についた途端に昨日と同じ強風が吹きつけてきました。

 

今日の1レース目、第6レースは中島/伊藤組が5位、松崎/服部組が6位で第1上マークをシングル回航。そのまま其々8位、10位でフィニッシュ。強風にも慣れて来た模様で、中島/伊藤組は第7レースでも15位と踏ん張りました。

 

第8レースを行う頃に風が10kt程度に落ちて来て、1回目のスタートはゼネラルリコール。スタートをやり直しますが風が徐々に落ちて来て、最終的に5ktを下回ったためそのままAP+A旗でレース終了となりました。

上位はブラジル勢が占めていますが、トップにスペインのDamian/Jordiが躍り出ました。

 

暫定結果)

1位Damian/Jordi(ESP)

2位Henrique /Gustavo(BRA)

3位Mario/Gabriel(BRA)

17位松崎/服部8-26-27-18-26-10-UFD

25位井上/小島2-20-34-19-28-51-35

30位山田/山下26-5-57-27-43-31-26

33位中島/伊藤46-37-58-35-24−8-15

47位森谷/山本12-44-40-56-52-57-47

52位橋本/室田51-38-56-52-64-44-33

54位高木/高木43-36-59-59-46-55-42

 

https://snipeworlds.org/assets/results/2019-Snipe-Worlds-Res.pdf

 

photo by SCIRA

我々は今日も強風に翻弄されて一日が終わりました。

岸のベンドがあるので、コースは岸へ向かった右サイド一本。有利エンドが決まった状況でスピード競争では太刀打ち出来ませぬ(-_-;)定位置でレースが繰り返されてしまう苦しい状況は続きます…

 

 


ブラジルワールド4日目の朝

今日はまた軽風の予報です。

昨日の強風レースで身体が軋んでいるので優しい風を期待。

 

こちらは予報は軽風でも、晴れると吹いてきます。

今朝は晴れているので、ひょっとすると…

 

ちなみに昨日のレースの様子ですが

こんな

感じに吹いてました( ̄▽ ̄;)

 

それでもマーク際では

こんな混雑でカオスです(ーー;)


スナイプワールド3日目

今日は15〜18ktのコンディションで3レースを実施しました。

強風コンディションになると南米勢の独壇場です。

トラピーズの如きハイクアウトでグイグイと前に出ていきます。

また殆どがバングシーティングなのも特長的です。

 

今日のレース海面も最も沖に出した場所で行われました。

レース海面は島の影響で島側(右海面)に寄せた集団が前に出る展開で、スタート直後からほぼ全艇がポートで右海面に突っ込みます。ここで生き残れないと勝負になりません。

 

日本チームにとって苦しい1日でした。

それでも総合13位井上/小島組、14位松崎/服部組と踏ん張りましたが、多くが下位に沈む展開となりました。

 

暫定結果)

1位Henrique/Gustavo(BRA)15-4-6-1-1

2位Mario/Gabriel(BRA)13-16-8-2-7

3位Luis/Diego(ARG)7-1-2-16-23

13位井上/小島2-20-34-19-28

14位松崎/服部8-26-27-18-26

31位山田/山下26-5-57-27-43

42位中島/伊藤46-37-58-35-24

44位森谷/山本12-44-40-56-52

53位高木/高木43-36-59-59-46

58位橋本/室田51-38-56-52-64

 

 

 バルクヘッドマガジンのレポート記事はここまで。

レースが終わって宿に帰ってからレースのレポートを書くのですが、今日は一番しんどい(>_<)

上マークまで18分のフルハイクで3レース。最後はオリンピックコース(トライアングル+ソーセージ+上フィニッシュ)の上り3レグ。しんどかった…

南米勢のタフさはハンパないです。

強風だと上マークを後ろからシングルで回航してしまうのですが、そんな場所でも周りが速い(ーー;)

フリーで気を抜くとビリになりかねませんからね…

 

爆睡まで5秒前です(´・_・`)

 

おまけ)

ちなみに、バルクヘッドマガジン記事の校正と写真は編集長ですので(^_^;)


スナイプワールド3日目の朝

3日目の朝。

今日はスタートが1時間早まっています。

予報は今日も軽風。

果たして3レース出来るのでしょうか😅

 

追加情報)

9時現在、12ktほど吹いてます。

日本チーム、今日が正念場ですね。

 


スナイプワールド2日目

スナイプワールド2日目

 

今日は軽風予報で、スタートの2時間前にD旗掲揚で出艇。
全ての艇が運営艇に40分程度曳航されて島を出る所まで沖に移動しました。

 

10kt程のコンディションで予定通り12時にスタートシーケンスが始まりますが、スタートラインに対し上潮でゼネラルリコールを繰り返します。

スナイプ級はクラスルールにより、ワールドではブラックフラッグは使用しません。

U旗→Z旗→Z旗+I旗によって、課されるペナルティーを上げて行きます。

ここで昨日2位だった井上/小島組、12位の森谷/山本組、48位橋本/室田組がZ旗に掛かってしまいました。

 

4回目にやっとスタートした第1上マーク、またも日本チームが頑張ります。

2位に山田/山下組、続いて3位に好調の井上/小島組が回航。そのままそれぞれ5位、6位でフィニッシュしました。

総合でも井上/小島組はZ旗ペナルティーをものともせず5位で踏ん張ります。

山田/山下組も7位へジャンプアップしてきました。

10位に松崎/服部組とトップ10に3チームが入る健闘ぶりです。

 

その後、風が5ktを下回り今日も1レースのみしか実施できませんでした。

2日目を終えてまだ2レースしか出来ていない状況で、明日はスタート時間を1時間早めて行われます。

 

2日目暫定順位
1位Luis/Diego(ARG) 7-1 8p
2位Ricardo/Florencia(URU)5-9 14p
3位Asher/Watt(USA)1-15 16p

5位井上/小島 2-20(ZFP) 22p

7位山田/山下 26-5 31p

10位松崎/服部 8-26 34p

21位森谷/山本 12-44(ZFP) 56p

38位高木/高木 40-36 76p

40位中島/伊藤 46-37 83p

46位橋本/室田 51- 38(ZFP) 89p

 

そして我々ですが、、、

昨日と同じ様な展開に終わりました。

スタートで埋もれないよう、少しエンド際を攻めたのですが、逃げタックまでの時間が短いので直ぐに集団にのまれてしまいます。スタート後、他艇の影響を受けないように走るまで時間がかかりすぎて「ヨットレース」になっていません。

ようは「スタート後に生き残れない」状況に陥ってます。

明日こそは要改善です。

コーチングにはかなり活かされる経験なのですが、そろそろ前を走りたい!(`_´)ノ


2日目の朝

本日、スナイプワールド2日目。

photo by SCIRA

 

日本との時差はまるっと12時間。

これから1日が始まります。

今の所、雨ベタ。風がありません。

 


ブラジルワールド初日

レース海面はイリャベラ島と南アメリカ大陸間幅約4kmの水路の様な地形で行われます。
潮の早い時間帯は瀬戸内海のように流れますが、今日は潮の流れは弱く影響は少なかったようです。

 

どこから吹いても陸風になり周囲の地形によって有利海面が偏ります。
今日のコンディションは10kt程度の軽風で、日本チームがよく走りました。

 

オープニングレース第1上マークで井上/小島組(湘南サニーサイドマリーナ)がトップ回航!2位に松崎/服部組(豊田自動織機)が続き、
日本がワンツーでフリートをリードします。他に森谷/山本組(GOOD HOLDINGS)、山下/山田組(湘南サニーサイドマリーナ)も上位回航し日本チームが善戦していました。

初日はこの1レースのみ。5kt以下ではスタートしないというスナイプクラスルールに則り、第2レースは行われませんでした。

暫定成績)
1位 Asher/Watt(USA)
2位井上/小島 (JPN)
3位Rafael/Henrique(BRA)

8位松崎/服部
12位森谷/山本

26位山田/山下

40位高木/高木

42位中島/伊藤

48位橋下/室田

 

 

そして我々はといえば、、、

ゼネリコ2回の後、3回目でやっとスタート。その3回とも爆死( ̄◇ ̄;)

Z旗のトラウマ(笑)で読まれるのを恐れて、全然前に出られませんでした。

とにかく皆さん、アグレッシブ。周りが攻めるのでどうしても引っ込んでしまい、逃げタックを100回は打って(100回は盛りすぎ^^;)中盤に沈みました。

せっかくの軽風レースなのに勿体無いのなんの(T ^ T)

2レース目はオンデッキにもかかわらず、5kt以下でAP+A旗でノーレース。

この風でやらないって…

衝撃の初日でした。

photo by SCIRA

御覧の通り、スタートラインは70艇がビッタシ。隙間無し。

同じ事を考える艇が多いのでポジションの取り合いが激しい(~_~;)

 

学生のコーチングではいつも「まずはヨットレースができるように、自分のレベルに合わせたスタートをして逃げタックを打たずコースレースが出来る様に!」と教えている自分が、一番悪い例を自分でやらかすとは(T ^ T)

 

海外のレースに出ると、同じような状況になる事でコーチングしている選手たちの気持ちがよく分かります。

このまま沈まない様に私が頑張らねば(`_´)ノ

 


スナイプ級世界選手権2019開幕

いよいよ明日8日よりスナイプ級世界選手権がブラジル・イリャベラ島で開幕します。
イリャベラ島はサンパウロから南へ約200km。多くの人がバカンスに訪れる美しい島です。

 

参加は70艇。
日本からは7チームが参加します。
松崎/服部組(豊田自動織機)
高木/高木組(BEST WIND/あいおいニッセイ同和損保)
山田/山下組(湘南サニーサイドマリーナ)
森谷/山本組(GOOD HOLDINGS)
中島/伊藤組(AW☆STARS)
井上/小島組(湘南サニーサイドマリーナ)
橋下/室田組(立命館OB)

 

海面は3海面を風向などの条件によって使い分けます。

予報ではずっと軽風傾向ですが、実際は毎日フルハイク以上のコンディションです。

 

本日、全艇の受付と計測が完了し、スキッパーズミーティングが行われました。

いよいよ明日からレーススタートです。

 

日本チームへの応援宜しくお願いします!

snipe today

 


計測完了。

今日はチャーター艇を受け取り。

艇番31205のピアソンDBマリン。自分が普段乗っている船と同型艇を探しました。

 

受け取って見たらマストがグニャングニャンで(-。-;アウチ

スナイプは世界選手権の一週間前にジュニア世界選手権を行うのですが、そこでも貸し出されていた船で見事に逆ベンド&サイドベンドさせたそうです( ̄◇ ̄;)

 

「そりゃないぜ〜」とオーナーと交渉の末、newマストに交換。

何せチャーター料が$1,500ですからね(-_-;)

ブラジルで程度の良い船を借りようとしたら相場の中央値。

しかし、日本から船を持ってた場合の約半分ですから、まぁ、、、仕方ないのか…足元見られているのか…

 

とりあえず、計測も通して受付も完了。

今日は日暮れまで整備に追われ、乗れませんでした…

レースは明後日から。

明日、初出艇の予定です(`_´)ノ


スナイプワールド2019

昨日は葉山港でコソ練^^;

 

来月、スナイプ級の世界選手権に遠征するのですが、クルーの嫁さんと「さすがにノー練習はまずいでしょ^^;」

ということで、コソッと練習に励んだ1日。

オンラインショップのお客様、ご連絡が遅くて申し訳ありませんでしたー!m(_ _)m

 

私の仕事の都合上、夏はハイシーズンで練習できる日は皆無。

嫁さんと休みのタイミングが合う日など中々ありませんで。。。

たまたま平日のこの日がタイミングが一致。台風一過で条件も良く^^;

 

海上では逗子開成高校ヨット部のマーク練習に混ぜてもらいました。

選手の皆さん、内田先生、ありがとうございますm(_ _)m

 

私達のペアは年間を通して練習日は基本ゼロです。

江ノ島スナイプや関東スナイプなどレースの日しか乗れません。

多分、社会人チームの皆さんの多くがそうではないですかね?

それでもちゃんとレースできるのがスナイプ級の良さですね。

 


関東スナイプ

この週末は関東スナイプでした。

北海道(北海道大)から九州(九州大)の遠征も含め80艇超えの大フリートです。

 

梅雨にやられた感の今シリーズは1レースのみ成立。

土曜日は15時まで頑張りましたがゼネリコを繰り返してノーレース。

雨ベタで沖待ちは寒さでガクガクブルブル((((;゚Д゚)))))))

 

日曜日は11時に無風の中で出艇して、沖で風待ち。

この日は学習してウェット着用(笑)

まあ、レースを成立させるにはこのタイミングで出るしかない。

 

昼から風はそよそよ入るも中々安定しません。

それでも60~90度、120~150度、90~120度と振動型のシフトでレースのチャンスは何度もありました。

 

が、選手側のスキル不足ですね。ゼネラルリコールを繰り返しすぎ。

ブラックフラッグ適用なのに、ラインからどんどん出てしまいます。

そりゃ、運営側もレースを出来ません^^;

 

レース不成立も危ぶまれた14時半の東風軽風で、やっとスタートに成功。

1レースのみ実施となりました。

 

第1上マークまで30度近いシフトが3回来ます^^;

左集団の先頭が1位回航し、右集団先頭が3位回航という状況^^;

中央のコースを走る艇団には厳しい展開でした。

 

それでも我々はコース中央でシフト通りにリフトを走り、最後までリスクヘッジ。

この風域はスピードがあるのでこんな展開ができるのですが…

とは言っても、スピード差などほんの微々たるもの。

苦しいところで耐えられるかどうかが全てです。

そのためにスピード練習はあると言えます。

 

我々は左右に出た集団をケアしながら上マークは4位回航。

が、しかし!

1レースしか無いんだったら、もう少しリスク背負って良かった(T ∧ T)失敗

いつもの癖で、リスクを冒さず1位を狙わず上位で上マークを回る戦略を発動させてしまった結果…

フィニッシュ4位で終了orz

 

せっかくチャンスの微軽風だったのに…無念^^;

毎回悔いが残るもんだから、だからレースは止められない笑

 

おまけ)

風待ちの間、メインセールに赤い渦巻きのロゴが入った学生さん達が、海上でも陸上でも代わるがわる質問しに来ました。

積極的でよろしい!笑

そりゃ、あんな遠くから遠征してきて3艇も船を運んで来て手ぶらで帰る訳には行かないですもんね。

無風で途中でノーレースになったレース後、ケースで抗議してきた選手(我々は720度ペナルティターンしました^^;)までもがコース引きの質問に来ました^^;

どんだけ?(笑)

レース後の表彰式で、ハーバーにいる選手は片付けで全然集まらず、そんな中強豪校は皆ちゃんと参加して運営側へ敬意を示す姿勢も素晴らしい。

やはり、強いチームはしっかりしています。全日本インカレを目指しているチームは是非見習ってほしいところ。

九州大学チーム👍いいね

 


江ノ島スナイプ2019

先週末は江ノ島スナイプに参戦。

クルーの嫁さんとのペアは昨年8月の全日本選手権以来の今年初乗艇^^;

そんなことができるのもスナイプの魅力の一つですね。

 

二日間とも風に恵まれて軽風で6レースを消化。

参加72隻のビックフリート。

ちょうどインカレの艇数と同じ^^;

 

第1レースはゼネラルリコールを4,5回繰り返し、約半数がブラックフラッグに引っかかりBFD。

私も早々にブラックに(T_T)

全然レース勘が戻ってない^^;

 

しかし、第1レースのスタート繰り返しのおかげでスタ練が出来たようで…

2レース目以降を3−1−7−12−6で総合4位入賞。(ワンカットが入りBHDが無かったコトに^^;)

まあ、初戦としてはまずまずでしょうか。

 

第5レース(12位)は10kt程度ですが、我々にはフルハイクを超える厳しい戦い。

ボートスピードのアドバンテージが無くなると集団に飲み込まれるのでホントキツイ^^;

でも、この経験がコーチングに役立つんですよね。

私がコーチングする選手(チーム)は、こんな状況が非常に多いわけで。

 

あとは微軽風コンディションだったので、周りより少しボートスピードのある我々は、安全なレース展開をしやすいく順位を安定させやすい。

タクティシャン&ストラテジストのクルー(嫁)もスタート前のコース戦略を迷うことが多かったですが、1上マークの順位は安定させてくれました。

私はフリーの感覚が全然戻っていなく、嫁さんにシバかれっぱなし^^;笑

本当はもっと前を走れなければいけない条件だったので、総合4位は反省です。

 

成績)

https://kanto-snipe.jimdo.com/result/2019

 

 

おまけ)

帰った日曜日の深夜、なんと悪魔の尿路結石を発症して悶絶七転八倒からの救急搬送。

今回は入院する羽目になりました(~_~;)

ちなみにまだ石はお腹の中にありまして…

すでに退院はしていますが、普段の生活をしながら痛み止めで騙し騙し自然排出待ちです…

 

そして今日からコーチングで石川の七尾です^^;ダイジョウブかな…

 

 


角度を取りたいなら

全日本スナイプ2018の写真集でハイクアウト特集がありましたのでご紹介。

この写真達を見ると、トップセーラーの「クロズホールドにおける、より高い上り角度を得るヒント」がアップで見られます。

素晴らしく一致していて面白い。

ちなみにヒントはハイクアウトのことではありません^^

 


おまけ2

今回は船の話などを少々。

まず、船はいつものDBマリンピアソン社製(maid in ITALY)。

DBマリンはDenmarkピアソン→StarMarine製ピアソン(ITALY)→DBマリン製ピアソン(ITALY)とピアソン3代目かな?

ピアソンスナイプは製造工場によって色々と噂がありますが、結果どのピアソンも優秀です笑。やっぱり最後は乗り手の問題w

 

2010年デビューなのでもう9年目ですね。登録ステッカーの数も増えました^^;

アカも全く入らない(沈しなければという条件付きw)優秀な船です。

 

マストもデビューから替えていないので、サイドワインダー・ゴールドです。

トータルプラント社製スプレッターレングスアジャスターは付けていますが、最近は調整したことがありません。

480mmくらいで固定です。

いたって普通^^;

 

普通じゃないのはセールですかね^^;

モデルはSW4とR3なのですが、2014年のスタンプが押してあります。学連風に言えば14sail(イチヨンセイル)。

マジです笑

実はジブは温存しながら全日本の時しか使っていません。

我々の年間使用頻度は予選2レガッタ(江ノ島スナイプ、関東スナイプ)と全日本のみ。

道具は大事に大事に使っています(高校生の頃に先輩に教わりました笑)

 

そしてセッティングについてですが、強風対策のヒントを得たという話。

色々な文献に、レーキやテンションやスプレッター長さなどなどあり、色々と試してきましたが中々結果に結びつきませんでした。

7月の東日本選手権の時に、偶然の出来事ですが艤装トラブルがあり(サイドステーが飛んだ^^;)、そこでヒントを得ました。

これ以上は企業秘密ですが(笑)、多分良いポイントを見つけられたんですよね。。。

 

他には、サイドステーのテンションは気をつけますが、フォアーテンションは計りません。

軽風でサイドが18程度かかっていれば、フォアーはメインのテンションでコントロールしています。

 

メインシートシステムはバングシーティングとトラベラーシーティングのハイブリッド方式。

このシステムは大井選手(辻堂加工)も採用するなど広がり始めているのかな?でもややこしいので元に戻すかもしれませんね。

私はメインシート倍率が1/2と軽いので採用です笑

 

その他は特にスペシャルなことはありません。

合計体重117kgの軽量コンビですが、ストロングポイントを作ってトンがることが大事ではないですかね^^;

あとは日々のトレーニングか^^;私が言うなw

でも、トップクラスの選手達は絶対にちゃんとトレーニングしていると思いますよ…

 

私が学連セーラーに示したいのは、女子選手でも十分活躍できる場所があるということです。

大学からヨットを始めても、経験者に勝ることも十分に可能で、もしあまり体格に恵まれていなくてもスナイプクルーなどは通用する良いポジションだと思いますよ。

 

来シーズンからになってしまいますがコーチングに興味のある方やチームは、お気軽にお問い合わせ下さい。

こちらまで→ info@bestwind.jp


全日本スナイプ おまけ

スナイプの遠征って、何が面白いかってアフターです。

真剣にレースして真剣に楽しむのがスナイパーの流儀。

 

そしてせっかくの博多遠征なので食倒れます^^;

もつ鍋、胡麻サバ、活イカ、明太子、水炊き

最高の晩餐ばかりでした^^v

 

楽しまなければもったいない。

ストイックに食事など過去の話(笑)

毎晩ジョッキ4杯を流し込み爆睡!笑

 

最終日は、お店の大将と仲良くなった天神の「博多華吉」へ

前の晩にした約束を果たしに報告訪問。

こんなのも遠征の楽しみですね。

スナイプ最高です笑

 


そして祝4位入賞!

そして、おかげさまで我々は総合4位入賞することができました!

ありがとうございますm(_ _)m

 

最終日は南から(陸風)と北から(沖風)の風が喧嘩していて安定せず。

一度は南の風でスタートするものの、1レグ目の途中で風が弱まりノーレース。

北に風が回って12時過ぎに再度レーススタート。

 

吹き出し始めは風が強く、我々はセッティングを悩みますが、風が味方してくれて軽風域に落ち着きます。

昨日の失敗を反省し、この日はどのスタートも超強気に有利エンドを攻めることにしました。

そしたら爆死^^;笑

上スタートを狙うも、フン詰まって出遅れます。

 

3回の逃げタックでクリアエアを掴み、そこから追い上げ開始。リフトを確実に走って上マークでなんとかシングル後半に滑り込み。

最終レグのフリーで後ろからのパフに乗って、我々一艇だけスーッと落とせて前の集団を捉え、下マークで2位までジャンプアップ。

総合成績も9位→4位にジャンプアップ。

やっぱり強気は大事、勝気が一番大事ですね笑

 

今回の入賞は嬉しいものでした。

シリーズの中で「いかに強風をしのいで、軽風で順位を稼ぐか」が我々の戦略。

軽風の第3,6,9レースを除いて6割が強風シリーズだった今回は非常に苦しい戦いでした。(強風シリーズ?と突っ込まれそうですが^^;)

最終日が軽風で「軽風シリーズ」と勘違いしそうですが、我々は6割のレースを強風用のセッティングで臨みましたから。。。

 

今回は強風域で粘れたことが入賞につながりました。

7月の東日本選手権で惨敗してから、あるヒントを掴み強風を少しずつ克服。吹いても10番代で凌ぐことが出来ました。

さらに、吹いても湾内のフラットウォーターという条件が味方に。

そしてやっぱり軽風は速い^^;軽いので。

 

そして今回の結果はクルーである嫁さんのおかげですm(_ _)m

日々一緒にトレーニングに励み、体重を増やし(あまり増えませんでしたが^^;ちなみに合計体重は117kgです)

コースはタクティシャンである嫁さんが主で引きます。私が迷った時は頼りになりますが、タクティシャンが迷った時に迷走しました^^;笑

全9レース中2レースを崩しましたが、その他を安定した順位でまとめてくれました。感謝!!

実際、本当に優れたタクティシャンです。流石、同志社出身のスナイパー。

photo by  Masahiro Kageyama(日本スナイプ協会)

 

15−7−1−10−9−5−(34)−(34)−2 49p 総合4位

 

さて、来年のブラジルワールドに向けて準備を始めなきゃ(~_~;)

スポンサー探しから始めないと(^_^;)

セールにロゴ入れますので、スポンサードお願いします!!

 


全日本スナイプ2018

第71回全日本スナイプが終わりました。

優勝は白石/上田組(ノースセールジャパン)。

順位をほとんど崩さず安定した順位でまとめて圧勝。さすがオールラウンダーです。

Photo by Masahiro Kageyama(日本スナイプ協会)

2位以下は最終レースまで順位が大きく入れ替わる混戦でした。

結果は常勝のベテランから新鋭の学生チームや社会人チームが混在。結果、こちらもオールラウンダーが上位になったような結果に見受けられます。

 

1位 白石/上田組(ノースセール)

2位 松崎/服部組(豊田自動織機)

3位 加藤/斎藤組(慶応大)

4位 高木/高木組(BEST WIND)

5位 脇永/小野山組(wakinaga racing)

6位 山田/山下組(湘南サニーサイド)

 

1位の白石/上田組はそれぞれ6回の優勝回数を数え、甲斐幸さんの記録を塗り替えました。もう殿堂入りですね。

2位の松崎さんもクルーで優勝経験のある常勝ベテランであり私の大先輩^^;

3位に学生チームが大健闘。吹いても軽風でも速かったです^^;

4位の自分たちは後ほど^^;

5位の脇永さんもオリンピアンでありアメリカズカッパーというレジェンド。

6位の山田選手は同志社大出身の学生チャンピオン。

手前味噌ですが錚々たるメンバーですね。

 

今大会は台風の影響で前半戦は強風に翻弄され、台風が去った後半は不安定な風に翻弄されました。

レース委員会も大変な苦労だったと思いますが、見事な運営でした。

私も沢山のレースを経験し、見てきていますが福岡県連のレース運営は本当に上手だと思います。

ありがとうございましたm(_ _)m

 

エントリーも各水域フル参加で78艇もの数が集まり、スナイプ級がこれだけ盛り上がるのも協会関係者の苦労とスポンサーさんのおかげです。

これだけ楽しくてレベルの高いフリートは、挑戦しがいがあります^^

Photo by Masahiro Kageyama(日本スナイプ協会)

 

上位5位までは来年度のシード権を獲得。

上位8位までは来年のブラジルワールドの権利を獲得です^^

 

さて、どうしようかな…笑


全日本スナイプ最終日

現在、南の風が入っていますが、不安定で少し様子見。

陸上待機です。


本日は2レース予定。

帆走指示書により13時以降のスタートは行われません。


少しでも順位を上げられるように頑張るのみです(`_´)ゞ


ワンチャン無いです(ーー;)

全日本スナイプ4日目は3レースを実施。

 

軽風予報でしたが第6レースは南から結構な風が入ってきてオーバーコンディション。第7レースは打って変わって北へ風が回り、これまたオーバーコンディション。第8レースのみ風が落ちて、我々は初めてノーマルピンポジションでレースを行いました。

 

我々は北の安定気味な風で大苦戦。二発連続でカットレースを作ってしまい自爆(ーー;)

第8レースなんてやっと軽風でレースだったのに…T^T

まだまだ青いです。欲が出ました。

 

現在、総合9位のようですが成績表は怖くて見ていません笑

 

明日は最終日、10時スタート予定です。

 


風待ちです

現在、風待ちで陸上待機です。


小戸は曇り空。

北のそよ風で、安定していません。

のんびり待機です。


今日から決勝シリーズでフリートが上位下位に半分ずつ分かれました。


昨日までの爆弾ブローに身体を痛めつけられている私には良い休息σ(^_^;)


決勝シリーズは軽風予報です。

ワンチャンあるかも笑


頑張ろー(*^^*)


全日本スナイプ もう4日目

2日目、3日目で5レースを消化。

 

78艇を2グループに分けて予選レースを行います。4,5日目は決勝日で上位・下位の半分に分けてレース。

したがって予選はグループの半分、常に15位以内を取らないと予選落ちの危機です。

 

2日目

第1レース南の強風、振れ振れ。第2レースは中風まで少し落ちてまた振れ振れ。第3レースで風が落ちて風が右に回り軽風の振れ幅の大きいコンディション。

我々は風が落ちるにしたがって順位を上げて15−7−1位で初日5位。

 

3日目

朝から爆風で陸上待機。午後から風が落ちてくる予報で、14時に出艇。めっちゃ吹いてます(ーー;)

220度、南西で2レースを消化。この日も大きいシフトに翻弄されるフリート。シフト幅は30度以上はあって、風のある場所ない場所がはっきり分かれる恐い海面^^;

我々はこの日の強風もハイリスクハイリターンの「弱者の戦略」で10−9位と何とかしのいで総合8位で予選通過です。

 

今日から決勝!

行ってきます!

 


全日本スナイプ初日

本日は強風の為、レースは中止。


台風が近づいていて、ガストがエグい(-_-;)

海に出てたらマストが折れてましたね…


明日は10時スタート予定です。


サイドステーが…T^T

Myスナイプのサイドステーがお逝きになりましたT^T

 

明日から遠征だというのに…

福岡に行ってから新しいステーを入手しても、台風のせいでぶっつけ本番になりそう。。。

大丈夫かな?ヘコム

 

よりによって何で今日?

いや、逆に今日で良かった。

レース中に切れたらもっと大変だった(~_~;)

ツイてる!👍ということで

 


関東スナイプ2018

この週末は関東スナイプに参加しました。

参加数は80艇超のビックフリート!

関東はすごいですね^^;

 

レースは2日間で4レースを実施。

土曜日はあいにくの雨模様の中で第1レースが開始。

北っ気60°~90°の振動型シフトで上マークは75°で設定。

スタートラインを測るとほぼ75°設定で上マークに対してピシャリ!

さすがレース委員長、見事な腕前!どこから出るか悩ませてくれます^^;笑

 

スタート前の風向は90°の右シフトだったので、スタートラインに対して15°上有利。多くの集団は上エンドに固まります。が、有力チームの半数は次の60°のシフトを考えて、スタート時は上有利スタートながらも、上集団の下、ライン中央、下スタートと別れていました。

 

強烈な下げ潮のおかげでオールクリアスタート。我々は上集団の大きく下、ライン中央寄りを選択しました。

スターボロングで上マークへ向かいます。が、なかなか60°のポートリフトが来ません。不安が広がります^^;

第1レグの半分くらいになると、なんと90°を少し超えて100°とか110°とかのまさかの軸超え( ̄O ̄;)!

 

ま、まずい、、、

 

右奥に行った艇団はさらに角度が良くなっていて、扇状にフリートが広がる状況に。いわゆる「一方通行型シフト」の状況です。この時点で約半分の40位くらいでした(ーー;)

こうなるとセオリーは「リフトの内側へ寄せる」なのですが、このタイミングが重要で、経験がものをいいます。早く行き過ぎると損が大きいこともあるし、遅く行き過ぎるとさらに傷が広がる場合も。

我々は、陸風という条件から出来るだけチャンスを待つことを選択、結果これが若干功を奏して何とか20番台後半で上マークを廻航したと思います。

 

第2上マークは大きく右へマークを打ち替え。

それでもまだスターボロング気味だったので即タック組が約半数。

我々はセオリー通り、シフトの内側へ寄せて大きくジャンプアップ。

結果、何とか15位まで順位を上げてフィニッシュ出来ました(~_~;)フィ〜まだまだこれから

 

そのあとに前線通過があって、大雨&強風でガクガクブルブル((((;゚Д゚)))))))

体がガッツリ冷えた中、南東の中風でレース開始。我々には若干オーバーのフルハイクです。

 

南っ気ながら不安定な感じが残っていたので、伸びる海面は全然確信が持てません。

よって、スタートは有利エンド側を目指します。

測ると、角度的にはほんの少しだけ下有利。しかしフリートは上に固まります。

スタート直後はイーブンでしたが、結構早い段階で15°程左にシフト!

 

ラッキー!

 

すぐにポートで集団の前を切ってとても良い景色に^^;

その時点ではフリートリーダーですが、そうは簡単に行きません。

また徐々に右に戻っていき、右の大集団がスターボに返してきます。

ここで悩みます。

 

「う〜ん(ーー;)、シフトはこれで終わりなら集団の後ろを通って右へ。もう一度左に戻るなら、集団の下受けしてワンチャン待ち。どうしよ?どうする?ハイクアウトしんどい…(T ^ T)

 

クルーの嫁「…スターボ来てる!」

 

ミートするスターボ艇に直前まで気付かず、ディップもできないのでここで自動的に下受け^^;ハイタック笑

この時点で20位くらい。

 

しかしこれがまた功を奏し、最後の最後に少し左へシフトしたおかげで挽回。ラッキー^^;

上マークを10番台前半で廻航します。

 

ここから風が、がっくり落ちてきてオンデッキ程度に。

南風では波が残ってしまうので、下ゲートマークを回ってアップウィンドになるとバッタンバッタン。皆さん全然前へ進みません。

皆さんより軽量の我々は角度が良く、ポジションをキープできます。

近い方の左マークを回ったらポートリフトなので、我々はそのまま維持。

次のスターボリフトをしっかり掴めたのでまた大きくジャンプアップ。

 

不安定な風ではチャンスとピンチが交互に訪れます。

ピンチを凌いで、チャンスをどれだけ生かせるかが勝負ですね。

このレグでは私に迷いが出てしまい、手堅くいきすぎてしまいチャンスを生かし切れなかったので後悔。

クルーの言うことをちゃんと聞いておけば、、、

結果6位でフィニッシュ。

初日を7位で折り返します。

 

2日目は北風0°〜30°の振動型で軽風。上マーク15°設定。

スタートラインもまたドンピシャにコースを設定されます^^;迷う〜

 

スタート時は風向0°でフリートの多くは下へ。

私はライン中央にいましたが下へ全然寄せきれず、嫌って上からスタートして即タック。

0°で絶対ポートを走りたかったので一番上側へ行ってしまったのですが、これが失敗。

このレースでも左に軸がズレて350°とかのポートリフトが続くことに(ーー;)

 

まずーーい!ピーーンチ!!

 

ちょっとのヘダーで頑張って左へ寄せる階段を上っていきますが、全然左には届かず(ーー;)

結果、また上マークを20番手くらいで廻航します。

今回はジャンプアップ無しで、レグ毎に1,2艇ずつ抜く感じで15位フィニッシュ(~_~;)う〜ん中途半端

 

次はもう少しとんがったレースをしようと決めて、まだ左海面の勢力が強いと判断。

下から出て左からの0°を主に利用してコースを組み立てます。

 

そしてナント!

 

風が落ちて不安定になり、最初は左からそよそよ吹き込んできて、我々は上位集団確定!

上マーク付近でまた風向が戻って、右集団が息を吹き返し、結果、コースのエンドに出ない我々の手堅さが今度は功を奏して上マークトップ!笑

今回は守らせてもらい、ガッチリ2番手を抑えてしまいました。

 

もう1レース、北風でスタートするも無風になってノーレース。

風が南に回って13時半からスタートシーケンスを開始するも、上げ潮の影響でゼネリコを繰り返し、あえなく14時のリミットを越えて終了(ーー;)

 

結果、我々は15−6−15−1  37pで3位。

今回の戦利品👍

久しぶりのレースとしては満足です^^v嫁さんに感謝!

しかしレースコンディションは軽風で味方になってくれていたので、デコボコな順位には反省(~_~;)

やはり安定感は大事ですが、手堅く行き過ぎるのもダメ。

もう少しトンガッタレースをしないと優勝には絡めませんね。

 

上位陣は早稲田勢が目立ちました。(OB陣含む)

特に学生は上位4艇全て早稲田。盤石です。

レースを一緒にして思いましたが、レース上手いし速い^^;

戦い方もスマートですしね。

 

優勝の永松/坂上組は唯一のオールシングル。スゴイですね〜^^;

2位と5位に早稲田の学生さん。スバラシイ

成績表を見ると学生チームの健闘が光るシリーズでしたね。

 

梅雨時期はレースコンディションは難しいことが多く、運営の方々は大変苦労されています。

それでも4レース実施されたのは流石です。

ありがとうございました。

 

おまけ)

普段から「夏でも冬支度」とか言っておいて、今回はその支度を忘れて凍えてしまいました(ーー;)反省

めちゃ寒かった〜〜〜(~_~;)

海上には必ず+1枚を持っていかなくてはいけません。

 

今年の全日本スナイプは8月に福岡で開催。

関東の予選は全部で5レガッタあり、各1レース毎にポイントが付くので、まず多くのレースをこなすことが必須条件になります。

一発勝負では無いので良い部分もありますが、サラリーマンセーラーには5レガッタは少々厳しいカモ、、、

次回は東日本スナイプ。

何としても全日本には出たいので、負けられない戦いです。

だって福岡の宿、もう取っちゃったもん。。。^^;

 

成績→https://kanto-snipe.jimdo.com/result/2018

 

1位 永松礼

/坂上宗輝組(MYRC)19p

2位 入江裕太

/原潤太郎組(早稲田)30p

3位 高木克也

/高木温子組((株)BEST WIND)37p

4位 井上直樹

/冨田大貴組(湘南サニーサイドマリーナヨットクラブ)43p

5位 松尾虎太郎

/海老塚啓太組(早稲田)45p

6位 近藤康史

/鈴木恵詞組(SEAWARD)47p

 


| 1/4PAGES | >>