calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

楽天ショップ

楽天トラベル

Amazon

メダルレース

今日もまた一段と強風。

ブローはmax30kt近く、北風で重めのガストが吹き付けます。

メダルレースの前に11位以下のLAST RACEを実施。

 

宇田川/関組は7位で上マーク回航、出遅れた分を取り戻すべく果敢にスピンup!そしてパフが上位集団に襲いかかり一斉にブローチング!あえなく一艇だけ沈をしてしまい、そのまま完沈。大きく遅れますが最後尾から追いかけます。

が、二週目のラップで今度はジャイブ沈。あえなく残り十数秒でタイムリミット。

しかし、今日の結果はカットレースとし最終成績は昨日の11位で変わらず。

1ヶ月後に蒲郡でW杯シリーズが始まります。それまでに強風の課題克服ですね。

 

表彰式は海外っぽくて良い感じでした笑

優勝した男子フランスチーム、女子スペインチームはなんとシャンパン持参!笑

勝手にシャンパンファイトをして盛り上げていました。さすがです笑

高っかい着物を着たプレゼンターは慌てて避難!笑

 

さて、今回はヤマハ男子チームが女子チームのサポートにまわり臨時コーチ多数^^;整備や修理やチューニングやコースのアドバイス、さらに救助で飛び込んでくれたりと大活躍の男子チームでした。私はただのドライバーと化して地蔵のようにボートに座っていました笑

 

私はこれから2週間ほどは、自社の稼業に専念し、北海道やら金沢や千葉など飛び回ってきます。スナイプの予選にも出ねば^^;

 


メダルレース5日目

5日目も中々の強風でした。

2レースを実施し、13−9位で10位と1点差の11位に後退。惜しくもメダルレース出場を逃しました。

残念!

 

今後の課題は強風域の強化ですね。

日本チームは強風では海外勢に全く歯が立たず、シングルに入れません。しかし、日を追って強風に慣れてきたチームが上位を走るシーンも見られました。

今後の女子470クラス全体のレベルアップが必須です。

 

明日はメダルレースを実施し2017Jrワールドチャンピオンが決定します。

男子は高山/木村組(ヤマハ/アビーム 共に日本大)が2位でメダルレースに進出。表彰台を狙います。

 


ジュニアワールド4日目

今日は爆風^^;

Max33ktで1レースを実施。

風雨が強すぎてまともな写真が撮れず^^;

かろうじて、フィニッシュ船のAP/A旗が識別できますかね。。。

 

本日1レースのみで明日以降へ延期です。

フィニッシュは9位でシングルキープでしたが、総合順位が昨日の9位→10位となりました。(昨晩の上位抗議審問の結果、10位→9位でした)。

メダルレースには残りたいですね。

 

明日も爆風予報です^^;

 


ジュニアワールド3日目

今日も暑いっすね〜(^_^;)

 

10kt程度の南風で2レースを消化。

 

何〜んにもしていないけど疲れました^^;

只々、暑さに耐えています笑

 

今日のレースは10−1で、現在総合10位です。

自分のレースを淡々と続ければ、自ずと結果は付いてくるはず。大ミスをしないことが大事です。メダルレースには残りたい。

 

ところでヤマハにも新しいコーチが今日から就任したみたいだし。。

私はそろそろクビですねー笑

 


Jrワールド2日目

ジュニアワールド二日目は18kt程度の中強風コンディションになりました。

 

風向が南なので波も立ち、コーチボートはジャンピングマシーンと化し^^;

腰が砕けそうです(~_~;)

 

レースの方は3レースを実施。女子ではリタイヤ艇が出るなどレベルの差がはっきりと出た模様。

トップ10の内、9位に林/西代組がいるのみで後は全て海外勢。宇田川/関組は昨日を9−11−11で総合12位。全部で10レースを予定していて残り半分5レース。毎日が正念場です。。。

 


470級ジュニアワールド 始まりました。

全日本470が終わって2日間の休日のち、ジュニアワールドの計測が始まりました。

連戦でお疲れモード(-_-;)

 

そして昨日からレースが始まりました。

北の風でいったん出艇するものの、風が無くなりレース海面に到着する前にUターン^^;

普段はこんなこと起きないのですが、今回はレース委員長が、国際470協会の役員連中にあれやこれや口出しされて、とても大変そう。。。

運営は地元に任せておけば良いものを…

 

午後になって南の軽風が安定してきて、2レースを実施。

私はヤマハ女子チーム担当なので男子チームのレースは見れていませんが、高山/木村組(ヤマハ/アビーム)の日大コンビが3位につける好発進。

25艇が参加の女子ですが、ヤマハ女子チーム宇田川/関組は13-10で11位発進。フリートの中盤の混戦からなかなか抜け出せない展開でした。

 

上位10艇中9艇が外国勢という状況。全日本女子2位の田中/工藤組(早稲田/日大)も18位発進と不調。日本勢がどこまで食い込めるのかが今後を占う大事な局面となりますかね。。。

 

さて今日は12時スタートです。

そろそろ出発します( `ー´)ノ

 


2017年470級全日本選手権結果

昨日はメダルレースを実施。

岡田/外薗組が前日の3位から逆転優勝を飾りました。

おめでとうございます。岡田/外薗組は全日本初優勝。

岡田選手は早稲田大4年生で学生の全日本チャンピオンは数十年ぶりの久方ぶり。昨年のジュニアワールドドイツ大会でも優勝し、スター街道まっしぐらです。

外薗選手は普段、今回9位今村選手のクルーでナショナルチームですが、今回は今村選手が来月の愛媛国体強化のため国体コンビの大嶋選手と参加したので、即席コンビで岡田選手のクルーを務めました。

レベルの高い選手同士が組むと、即席でも何とかしてしまうものなのですね。しかし、優勝は凄いことです。持ってますね。。。

 

さてメダルレースですが、得点が2倍になるので5位までのチームに逆転優勝の可能性がありました。

昨日までにすべてのレースを消化していたので、今日はメダルレースのみ。多くの選手が観戦に。

 

レースは2時間の風待ちの後、微風での最終決戦となりました。

優勝を争う上位3艇(市野/長谷川組、磯崎/高柳組、岡田/外薗組)の戦いが見所。その第1上マークを上位で先に回航したのは磯崎/外薗組で、すぐ後ろを岡田/外薗組が追う展開に。上スタート右展開をした市野/長谷川組は大きく出遅れ下位回航します。

 

下マークで集団が団子状態になりまだどうなるか分かりません。前に出た磯崎/高柳組は岡田/外薗組をタイトにカバーして抑え込むことに成功。2位で第二上マークを回り、優勝に大手をかけます。

 

が、この最終レグでドラマが…

 

コース残り1/4でトップの出道/中川組を捉え、トップのギリ後ろをポートでクロスした磯崎/高柳組が最終下マークの内側、イン取りのアプローチラインでジャイブをすればコンプリート!のはずでしたが…

 

そのままセパレートしてジャイブポイントが遅れ、なんとここでオーバーセール!3艇に抜かれ4位に転落。最終アプローチをジャストで入ってきた岡田/外薗組がイン取りに成功し逆転トップフィニッシュという劇的な幕切れに。

磯崎/高柳組にしては普段ではありえない痛恨のミスで優勝を逃しました。

 

魔物が潜むというか、、、

最後まで何があるか分からないというのを目の前で見ることになりました。

微風とはいえ見応えのあるメダルレースでしたね。

 

そして女子は宇田川/関組(YAMAHA)が女子総合2位、全日本女子初優勝!

やりました!👍

1位はESP18(世界ランク2位)、3位はFRA7。ワールド1位のPOL11は女子5位、世界ランク1位のNED1は女子6位。皆さん男子と混ざってのレース経験は少ないらしく、本領発揮とはいかなかったようです。

そんな中でワールドランカーと競っての準優勝は価値ある勝利と思います。日本勢でも総合10位ですから良く頑張りました。

 

今回の結果は、一重に二人を鍛えて頂いた皆さんのお陰ですm(_ _)m

国内強化合宿では多くのコーチングスタッフからアドバイスをもらい、男子トップ選手達に揉まれて練習しました。

ヤマハのチームメイト(男子チーム)にも支えられて滞りなくレースに臨めていましたし、良い環境でした。

 

結局、なんだかんだ言ってもこの環境を創造しているチーム監督が一番凄いと思うんですけどね…笑

私は「頑張れ〜( ´ ▽ ` )ノ」と応援しているだけで何もしていませーん笑

おめでとう!

 

最終成績→https://www.alljpn470.org/results

 

さて、すぐ二日後から今度はジュニアワールドです。

場所は同じく江ノ島。

連戦でタフな日が続きますが頑張りましょう〜(;^_^A

 

運営スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

微軽風の多い難しいコンディションでしたし、暑くて陸も海もとても大変だったと思います。

ありがとうございました!

(追:表彰ですが先に入賞者全員を上位から読み上げてしまうと盛り上がりに欠けるので、3位→1位の順で1チームずつ紹介して壇上に上げて盛り上がる展開にして頂ければと…m(_ _)m ジュニアワールドでは是非^^;)

 


全日本4日目

本日決勝残り3レースを実施。

18kt程度の良い風が吹きました。

 

暫定がでましたが、上位が接戦です。

明日のメダルレースで今年のチャンピオンが決まります。

暫定結果→https://www.alljpn470.org/results

 

女子はメダルレースに残った選手はいないので、今日の確定順位が出た時点で最終順位となります。

ヤマハ女子チームは今の所、女子で総合2位、日本勢で1位です。最終確定順位を待ちます。


全日本3日目 決勝初日

いよいよ今日から決勝シリーズレース。

本日は南西の軽風下で3レースを実施しましたが、上位陣の中でも大きく順位を崩す展開で荒れました。

 

詳細は成績表でご覧下さい。

https://www.alljpn470.org/results

 

ヤマハ女子チームは今日の荒れた3レースを8−37−3で1レース崩すものの女子トップになり総合順位を8位(日本勢で6位)まで上げました👍

昨日まで1位のESP18は11点差で女子2位(総合13位)に、女子2位はFRA7(総合17位)、女子3位はGBR838(総合20位)と入れ替わり。ワールドチャンピオン(POL11)はスタートでブラックフラッグに掛かり26位まで落ちる波乱。NED1も同じくブラックフラッグで23位。荒れてます。

 

明日も3レース実施予定です。

結果に一喜一憂することなく、淡々と…です^^;

 


全日本2日目

昨日は南の微風で1レースを消化。

これで予選シリーズ規定の4レースを消化したので今日から決勝シリーズとなります。

 

3グループに分けてレースを行なっているのですが、昨日は微風でタイムリミットとの戦いに(^^;)

最初にスタートしたグループは第1上マークタイムリミットの1分前にトップ艇(神木/疋田組(ヤマハ)が回航。第2グループは間に合わずやり直し、第3グループのスタート後に風が入ってきてレース続行といった展開。

 

しかし結果として上位の顔ぶれは昨日とほとんど変わらず。トップ10には1,2,3,5位に日本チーム。6艇が海外チーム。これまでに無かった全日本の展開になっています。

 

ヤマハ女子チームは女子2位(日本勢女子1位、総合でも13位、日本で6番手)でゴールドフリート入りの健闘。ギリシャワールド1位のPOL11(現在女子4位),ワールドランキング1位のNED1(女子3位)と競っています。また現在女子1位ESP18(ワールドランキング2位)、5位(FRA7),6位(GBR838)と海外勢が上位を占めており、その中上位で揉まれている宇田川/関組にとって非常に良い勉強になっています。

日本勢では田中/工藤組が女子7位(総合29位)、赤嶺/馬渡組が8位(総合35位)の3艇のみがゴールドフリート入りしました。微風シリーズとはいえ女子チームにとっては非常にハードルの高い予選シリーズとなりましたね。。。

 

今日からの決勝シリーズですが、予報は風弱く現在もハーバーで待機中。風が吹いてくるのを待ちます。

 

 


| 1/27PAGES | >>