calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

楽天トラベル

楽天

関東スナイプ2018

この週末は関東スナイプに参加しました。

参加数は80艇超のビックフリート!

関東はすごいですね^^;

 

レースは2日間で4レースを実施。

土曜日はあいにくの雨模様の中で第1レースが開始。

北っ気60°~90°の振動型シフトで上マークは75°で設定。

スタートラインを測るとほぼ75°設定で上マークに対してピシャリ!

さすがレース委員長、見事な腕前!どこから出るか悩ませてくれます^^;笑

 

スタート前の風向は90°の右シフトだったので、スタートラインに対して15°上有利。多くの集団は上エンドに固まります。が、有力チームの半数は次の60°のシフトを考えて、スタート時は上有利スタートながらも、上集団の下、ライン中央、下スタートと別れていました。

 

強烈な下げ潮のおかげでオールクリアスタート。我々は上集団の大きく下、ライン中央寄りを選択しました。

スターボロングで上マークへ向かいます。が、なかなか60°のポートリフトが来ません。不安が広がります^^;

第1レグの半分くらいになると、なんと90°を少し超えて100°とか110°とかのまさかの軸超え( ̄O ̄;)!

 

ま、まずい、、、

 

右奥に行った艇団はさらに角度が良くなっていて、扇状にフリートが広がる状況に。いわゆる「一方通行型シフト」の状況です。この時点で約半分の40位くらいでした(ーー;)

こうなるとセオリーは「リフトの内側へ寄せる」なのですが、このタイミングが重要で、経験がものをいいます。早く行き過ぎると損が大きいこともあるし、遅く行き過ぎるとさらに傷が広がる場合も。

我々は、陸風という条件から出来るだけチャンスを待つことを選択、結果これが若干功を奏して何とか20番台後半で上マークを廻航したと思います。

 

第2上マークは大きく右へマークを打ち替え。

それでもまだスターボロング気味だったので即タック組が約半数。

我々はセオリー通り、シフトの内側へ寄せて大きくジャンプアップ。

結果、何とか15位まで順位を上げてフィニッシュ出来ました(~_~;)フィ〜まだまだこれから

 

そのあとに前線通過があって、大雨&強風でガクガクブルブル((((;゚Д゚)))))))

体がガッツリ冷えた中、南東の中風でレース開始。我々には若干オーバーのフルハイクです。

 

南っ気ながら不安定な感じが残っていたので、伸びる海面は全然確信が持てません。

よって、スタートは有利エンド側を目指します。

測ると、角度的にはほんの少しだけ下有利。しかしフリートは上に固まります。

スタート直後はイーブンでしたが、結構早い段階で15°程左にシフト!

 

ラッキー!

 

すぐにポートで集団の前を切ってとても良い景色に^^;

その時点ではフリートリーダーですが、そうは簡単に行きません。

また徐々に右に戻っていき、右の大集団がスターボに返してきます。

ここで悩みます。

 

「う〜ん(ーー;)、シフトはこれで終わりなら集団の後ろを通って右へ。もう一度左に戻るなら、集団の下受けしてワンチャン待ち。どうしよ?どうする?ハイクアウトしんどい…(T ^ T)

 

クルーの嫁「…スターボ来てる!」

 

ミートするスターボ艇に直前まで気付かず、ディップもできないのでここで自動的に下受け^^;ハイタック笑

この時点で20位くらい。

 

しかしこれがまた功を奏し、最後の最後に少し左へシフトしたおかげで挽回。ラッキー^^;

上マークを10番台前半で廻航します。

 

ここから風が、がっくり落ちてきてオンデッキ程度に。

南風では波が残ってしまうので、下ゲートマークを回ってアップウィンドになるとバッタンバッタン。皆さん全然前へ進みません。

皆さんより軽量の我々は角度が良く、ポジションをキープできます。

近い方の左マークを回ったらポートリフトなので、我々はそのまま維持。

次のスターボリフトをしっかり掴めたのでまた大きくジャンプアップ。

 

不安定な風ではチャンスとピンチが交互に訪れます。

ピンチを凌いで、チャンスをどれだけ生かせるかが勝負ですね。

このレグでは私に迷いが出てしまい、手堅くいきすぎてしまいチャンスを生かし切れなかったので後悔。

クルーの言うことをちゃんと聞いておけば、、、

結果6位でフィニッシュ。

初日を7位で折り返します。

 

2日目は北風0°〜30°の振動型で軽風。上マーク15°設定。

スタートラインもまたドンピシャにコースを設定されます^^;迷う〜

 

スタート時は風向0°でフリートの多くは下へ。

私はライン中央にいましたが下へ全然寄せきれず、嫌って上からスタートして即タック。

0°で絶対ポートを走りたかったので一番上側へ行ってしまったのですが、これが失敗。

このレースでも左に軸がズレて350°とかのポートリフトが続くことに(ーー;)

 

まずーーい!ピーーンチ!!

 

ちょっとのヘダーで頑張って左へ寄せる階段を上っていきますが、全然左には届かず(ーー;)

結果、また上マークを20番手くらいで廻航します。

今回はジャンプアップ無しで、レグ毎に1,2艇ずつ抜く感じで15位フィニッシュ(~_~;)う〜ん中途半端

 

次はもう少しとんがったレースをしようと決めて、まだ左海面の勢力が強いと判断。

下から出て左からの0°を主に利用してコースを組み立てます。

 

そしてナント!

 

風が落ちて不安定になり、最初は左からそよそよ吹き込んできて、我々は上位集団確定!

上マーク付近でまた風向が戻って、右集団が息を吹き返し、結果、コースのエンドに出ない我々の手堅さが今度は功を奏して上マークトップ!笑

今回は守らせてもらい、ガッチリ2番手を抑えてしまいました。

 

もう1レース、北風でスタートするも無風になってノーレース。

風が南に回って13時半からスタートシーケンスを開始するも、上げ潮の影響でゼネリコを繰り返し、あえなく14時のリミットを越えて終了(ーー;)

 

結果、我々は15−6−15−1  37pで3位。

今回の戦利品👍

久しぶりのレースとしては満足です^^v嫁さんに感謝!

しかしレースコンディションは軽風で味方になってくれていたので、デコボコな順位には反省(~_~;)

やはり安定感は大事ですが、手堅く行き過ぎるのもダメ。

もう少しトンガッタレースをしないと優勝には絡めませんね。

 

上位陣は早稲田勢が目立ちました。(OB陣含む)

特に学生は上位4艇全て早稲田。盤石です。

レースを一緒にして思いましたが、レース上手いし速い^^;

戦い方もスマートですしね。

 

優勝の永松/坂上組は唯一のオールシングル。スゴイですね〜^^;

2位と5位に早稲田の学生さん。スバラシイ

成績表を見ると学生チームの健闘が光るシリーズでしたね。

 

梅雨時期はレースコンディションは難しいことが多く、運営の方々は大変苦労されています。

それでも4レース実施されたのは流石です。

ありがとうございました。

 

おまけ)

普段から「夏でも冬支度」とか言っておいて、今回はその支度を忘れて凍えてしまいました(ーー;)反省

めちゃ寒かった〜〜〜(~_~;)

海上には必ず+1枚を持っていかなくてはいけません。

 

今年の全日本スナイプは8月に福岡で開催。

関東の予選は全部で5レガッタあり、各1レース毎にポイントが付くので、まず多くのレースをこなすことが必須条件になります。

一発勝負では無いので良い部分もありますが、サラリーマンセーラーには5レガッタは少々厳しいカモ、、、

次回は東日本スナイプ。

何としても全日本には出たいので、負けられない戦いです。

だって福岡の宿、もう取っちゃったもん。。。^^;

 

成績→https://kanto-snipe.jimdo.com/result/2018

 

1位 永松礼

/坂上宗輝組(MYRC)19p

2位 入江裕太

/原潤太郎組(早稲田)30p

3位 高木克也

/高木温子組((株)BEST WIND)37p

4位 井上直樹

/冨田大貴組(湘南サニーサイドマリーナヨットクラブ)43p

5位 松尾虎太郎

/海老塚啓太組(早稲田)45p

6位 近藤康史

/鈴木恵詞組(SEAWARD)47p

 


メダルレース

今日もまた一段と強風。

ブローはmax30kt近く、北風で重めのガストが吹き付けます。

メダルレースの前に11位以下のLAST RACEを実施。

 

宇田川/関組は7位で上マーク回航、出遅れた分を取り戻すべく果敢にスピンup!そしてパフが上位集団に襲いかかり一斉にブローチング!あえなく一艇だけ沈をしてしまい、そのまま完沈。大きく遅れますが最後尾から追いかけます。

が、二週目のラップで今度はジャイブ沈。あえなく残り十数秒でタイムリミット。

しかし、今日の結果はカットレースとし最終成績は昨日の11位で変わらず。

1ヶ月後に蒲郡でW杯シリーズが始まります。それまでに強風の課題克服ですね。

 

表彰式は海外っぽくて良い感じでした笑

優勝した男子フランスチーム、女子スペインチームはなんとシャンパン持参!笑

勝手にシャンパンファイトをして盛り上げていました。さすがです笑

高っかい着物を着たプレゼンターは慌てて避難!笑

 

さて、今回はヤマハ男子チームが女子チームのサポートにまわり臨時コーチ多数^^;整備や修理やチューニングやコースのアドバイス、さらに救助で飛び込んでくれたりと大活躍の男子チームでした。私はただのドライバーと化して地蔵のようにボートに座っていました笑

 

私はこれから2週間ほどは、自社の稼業に専念し、北海道やら金沢や千葉など飛び回ってきます。スナイプの予選にも出ねば^^;

 


メダルレース5日目

5日目も中々の強風でした。

2レースを実施し、13−9位で10位と1点差の11位に後退。惜しくもメダルレース出場を逃しました。

残念!

 

今後の課題は強風域の強化ですね。

日本チームは強風では海外勢に全く歯が立たず、シングルに入れません。しかし、日を追って強風に慣れてきたチームが上位を走るシーンも見られました。

今後の女子470クラス全体のレベルアップが必須です。

 

明日はメダルレースを実施し2017Jrワールドチャンピオンが決定します。

男子は高山/木村組(ヤマハ/アビーム 共に日本大)が2位でメダルレースに進出。表彰台を狙います。

 


ジュニアワールド4日目

今日は爆風^^;

Max33ktで1レースを実施。

風雨が強すぎてまともな写真が撮れず^^;

かろうじて、フィニッシュ船のAP/A旗が識別できますかね。。。

 

本日1レースのみで明日以降へ延期です。

フィニッシュは9位でシングルキープでしたが、総合順位が昨日の9位→10位となりました。(昨晩の上位抗議審問の結果、10位→9位でした)。

メダルレースには残りたいですね。

 

明日も爆風予報です^^;

 


ジュニアワールド3日目

今日も暑いっすね〜(^_^;)

 

10kt程度の南風で2レースを消化。

 

何〜んにもしていないけど疲れました^^;

只々、暑さに耐えています笑

 

今日のレースは10−1で、現在総合10位です。

自分のレースを淡々と続ければ、自ずと結果は付いてくるはず。大ミスをしないことが大事です。メダルレースには残りたい。

 

ところでヤマハにも新しいコーチが今日から就任したみたいだし。。

私はそろそろクビですねー笑

 


Jrワールド2日目

ジュニアワールド二日目は18kt程度の中強風コンディションになりました。

 

風向が南なので波も立ち、コーチボートはジャンピングマシーンと化し^^;

腰が砕けそうです(~_~;)

 

レースの方は3レースを実施。女子ではリタイヤ艇が出るなどレベルの差がはっきりと出た模様。

トップ10の内、9位に林/西代組がいるのみで後は全て海外勢。宇田川/関組は昨日を9−11−11で総合12位。全部で10レースを予定していて残り半分5レース。毎日が正念場です。。。

 


470級ジュニアワールド 始まりました。

全日本470が終わって2日間の休日のち、ジュニアワールドの計測が始まりました。

連戦でお疲れモード(-_-;)

 

そして昨日からレースが始まりました。

北の風でいったん出艇するものの、風が無くなりレース海面に到着する前にUターン^^;

普段はこんなこと起きないのですが、今回はレース委員長が、国際470協会の役員連中にあれやこれや口出しされて、とても大変そう。。。

運営は地元に任せておけば良いものを…

 

午後になって南の軽風が安定してきて、2レースを実施。

私はヤマハ女子チーム担当なので男子チームのレースは見れていませんが、高山/木村組(ヤマハ/アビーム)の日大コンビが3位につける好発進。

25艇が参加の女子ですが、ヤマハ女子チーム宇田川/関組は13-10で11位発進。フリートの中盤の混戦からなかなか抜け出せない展開でした。

 

上位10艇中9艇が外国勢という状況。全日本女子2位の田中/工藤組(早稲田/日大)も18位発進と不調。日本勢がどこまで食い込めるのかが今後を占う大事な局面となりますかね。。。

 

さて今日は12時スタートです。

そろそろ出発します( `ー´)ノ

 


2017年470級全日本選手権結果

昨日はメダルレースを実施。

岡田/外薗組が前日の3位から逆転優勝を飾りました。

おめでとうございます。岡田/外薗組は全日本初優勝。

岡田選手は早稲田大4年生で学生の全日本チャンピオンは数十年ぶりの久方ぶり。昨年のジュニアワールドドイツ大会でも優勝し、スター街道まっしぐらです。

外薗選手は普段、今回9位今村選手のクルーでナショナルチームですが、今回は今村選手が来月の愛媛国体強化のため国体コンビの大嶋選手と参加したので、即席コンビで岡田選手のクルーを務めました。

レベルの高い選手同士が組むと、即席でも何とかしてしまうものなのですね。しかし、優勝は凄いことです。持ってますね。。。

 

さてメダルレースですが、得点が2倍になるので5位までのチームに逆転優勝の可能性がありました。

昨日までにすべてのレースを消化していたので、今日はメダルレースのみ。多くの選手が観戦に。

 

レースは2時間の風待ちの後、微風での最終決戦となりました。

優勝を争う上位3艇(市野/長谷川組、磯崎/高柳組、岡田/外薗組)の戦いが見所。その第1上マークを上位で先に回航したのは磯崎/外薗組で、すぐ後ろを岡田/外薗組が追う展開に。上スタート右展開をした市野/長谷川組は大きく出遅れ下位回航します。

 

下マークで集団が団子状態になりまだどうなるか分かりません。前に出た磯崎/高柳組は岡田/外薗組をタイトにカバーして抑え込むことに成功。2位で第二上マークを回り、優勝に大手をかけます。

 

が、この最終レグでドラマが…

 

コース残り1/4でトップの出道/中川組を捉え、トップのギリ後ろをポートでクロスした磯崎/高柳組が最終下マークの内側、イン取りのアプローチラインでジャイブをすればコンプリート!のはずでしたが…

 

そのままセパレートしてジャイブポイントが遅れ、なんとここでオーバーセール!3艇に抜かれ4位に転落。最終アプローチをジャストで入ってきた岡田/外薗組がイン取りに成功し逆転トップフィニッシュという劇的な幕切れに。

磯崎/高柳組にしては普段ではありえない痛恨のミスで優勝を逃しました。

 

魔物が潜むというか、、、

最後まで何があるか分からないというのを目の前で見ることになりました。

微風とはいえ見応えのあるメダルレースでしたね。

 

そして女子は宇田川/関組(YAMAHA)が女子総合2位、全日本女子初優勝!

やりました!👍

1位はESP18(世界ランク2位)、3位はFRA7。ワールド1位のPOL11は女子5位、世界ランク1位のNED1は女子6位。皆さん男子と混ざってのレース経験は少ないらしく、本領発揮とはいかなかったようです。

そんな中でワールドランカーと競っての準優勝は価値ある勝利と思います。日本勢でも総合10位ですから良く頑張りました。

 

今回の結果は、一重に二人を鍛えて頂いた皆さんのお陰ですm(_ _)m

国内強化合宿では多くのコーチングスタッフからアドバイスをもらい、男子トップ選手達に揉まれて練習しました。

ヤマハのチームメイト(男子チーム)にも支えられて滞りなくレースに臨めていましたし、良い環境でした。

 

結局、なんだかんだ言ってもこの環境を創造しているチーム監督が一番凄いと思うんですけどね…笑

私は「頑張れ〜( ´ ▽ ` )ノ」と応援しているだけで何もしていませーん笑

おめでとう!

 

最終成績→https://www.alljpn470.org/results

 

さて、すぐ二日後から今度はジュニアワールドです。

場所は同じく江ノ島。

連戦でタフな日が続きますが頑張りましょう〜(;^_^A

 

運営スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

微軽風の多い難しいコンディションでしたし、暑くて陸も海もとても大変だったと思います。

ありがとうございました!

(追:表彰ですが先に入賞者全員を上位から読み上げてしまうと盛り上がりに欠けるので、3位→1位の順で1チームずつ紹介して壇上に上げて盛り上がる展開にして頂ければと…m(_ _)m ジュニアワールドでは是非^^;)

 


全日本4日目

本日決勝残り3レースを実施。

18kt程度の良い風が吹きました。

 

暫定がでましたが、上位が接戦です。

明日のメダルレースで今年のチャンピオンが決まります。

暫定結果→https://www.alljpn470.org/results

 

女子はメダルレースに残った選手はいないので、今日の確定順位が出た時点で最終順位となります。

ヤマハ女子チームは今の所、女子で総合2位、日本勢で1位です。最終確定順位を待ちます。


全日本3日目 決勝初日

いよいよ今日から決勝シリーズレース。

本日は南西の軽風下で3レースを実施しましたが、上位陣の中でも大きく順位を崩す展開で荒れました。

 

詳細は成績表でご覧下さい。

https://www.alljpn470.org/results

 

ヤマハ女子チームは今日の荒れた3レースを8−37−3で1レース崩すものの女子トップになり総合順位を8位(日本勢で6位)まで上げました👍

昨日まで1位のESP18は11点差で女子2位(総合13位)に、女子2位はFRA7(総合17位)、女子3位はGBR838(総合20位)と入れ替わり。ワールドチャンピオン(POL11)はスタートでブラックフラッグに掛かり26位まで落ちる波乱。NED1も同じくブラックフラッグで23位。荒れてます。

 

明日も3レース実施予定です。

結果に一喜一憂することなく、淡々と…です^^;

 


全日本2日目

昨日は南の微風で1レースを消化。

これで予選シリーズ規定の4レースを消化したので今日から決勝シリーズとなります。

 

3グループに分けてレースを行なっているのですが、昨日は微風でタイムリミットとの戦いに(^^;)

最初にスタートしたグループは第1上マークタイムリミットの1分前にトップ艇(神木/疋田組(ヤマハ)が回航。第2グループは間に合わずやり直し、第3グループのスタート後に風が入ってきてレース続行といった展開。

 

しかし結果として上位の顔ぶれは昨日とほとんど変わらず。トップ10には1,2,3,5位に日本チーム。6艇が海外チーム。これまでに無かった全日本の展開になっています。

 

ヤマハ女子チームは女子2位(日本勢女子1位、総合でも13位、日本で6番手)でゴールドフリート入りの健闘。ギリシャワールド1位のPOL11(現在女子4位),ワールドランキング1位のNED1(女子3位)と競っています。また現在女子1位ESP18(ワールドランキング2位)、5位(FRA7),6位(GBR838)と海外勢が上位を占めており、その中上位で揉まれている宇田川/関組にとって非常に良い勉強になっています。

日本勢では田中/工藤組が女子7位(総合29位)、赤嶺/馬渡組が8位(総合35位)の3艇のみがゴールドフリート入りしました。微風シリーズとはいえ女子チームにとっては非常にハードルの高い予選シリーズとなりましたね。。。

 

今日からの決勝シリーズですが、予報は風弱く現在もハーバーで待機中。風が吹いてくるのを待ちます。

 

 


全日本2日目 途中経過

午前中は一度出艇したものの、北の風が無くなり一旦ハーバーバック。

気温差による陸風っぽかったのですが、あまり残らず(ー ー;)


現在ハーバーで風待ち中。

南に風が回って、あとは風速が上がるのを待つのみ(^^;)


予選シリーズは4レースで成立なので、あと1レース行えば明日から決勝シリーズです。


全日本はじめました

これまでず〜と雨模様だったのですが、やっと夏らしく久しぶりに晴れた江ノ島。

「冷やし中華はじめました」みたいに夏が始まったので、表題が中華風になった次第。説明している時点でダメですね^^;

 

さて、いよいよ始まった全日本470選手権。今回は海外チームの参加を含め113艇ものエントリーとなりました。

フリートを3つにグループ分けしてレースを行います。毎日グループを組み替えて予選を実施。上位1/3がゴールドフリートとなって決勝シリーズを戦い、最終日は上位10位までがメダルレースに進出し総合順位を争います。

 

初日の今日は軽風コンディションで3レースを実施。

 

実力どころが上位を占めています。

現在のナショナルチーム(磯崎/高柳組(SPN)、今村/大嶋組(愛媛県連))がしっかりワン・ツー。

 

そしてヤマハチームですが、今日は全艇が暫定でシングル圏内という成績で好発進と言えます。

3位 マット/ウィル組 (3)-2-1 3p
5位 高山/今村組 1-(15)-3 4p
7位 神木/疋田組 (5)-1-5  6p
9位 宇田川/関組 4-2-(10) 6p

※最も悪い順位をカットできます。

 

まだ初日が始まったばかりですが、113艇の大フリートですから初日に大崩れしないという第一関門は突破。明日以降の戦いも熾烈ですね^^;

 

成績→https://www.alljpn470.org/results

成績下段のlast updateをポチッ

 


この週末は

この週末は第二回江ノ島スナイプにこっそり参戦していました^^;

参加はなんと96艇!江ノ島ならではのビッグフリートでした。

 

風は軽風で、合計体重の軽い軽風仕様の我々に味方してくれるも、4レース中2レースで大きく順位を崩してしまい(T ^ T)

1−2−27−26位でそれでも5位入賞^^;

カットレースが無くて厳しい状況でしたが、皆さんの順位の変動も非常に大きくラッキーな入賞でしたm(_ _)m

しかしまだまだ修行が足りません!

レースの度に反省会でした(ー ー;)

 

我々は軽いので、通常の体重(合計130〜140kg)のチームよりも早い段階でオーバーパワーになってしまいます。メインがセンタリング出来なくなり始めたら、周りとボートスピードが変わらなくなってくるので、ここが戦術・戦略の分岐点になります。(リスクとリターンのバランス)

ここを見誤ると、一気に集団に飲み込まれ始めます。スピードも変わらないのでここから順位を上げるのは至難の技。優勝争いから脱落してしまいます。

 

ちなみにリスクとは具体的に、スタートの出る位置や、コース選択における集団に対する自艇のポジション(パーセントで表します。)集団の中央は50%、端は100%。数値が高ければリスクも高いです。

リターンは集団に対する距離も関わってきます。係数みたいなものでしょうか。距離を大きくすればシフトに対する影響が大きくなるので、ボートスピードの無い場面ではこの係数を利用することになります。

得意風域を持つのはレガッタで勝つために大事な要素ですが、やはりオールラウンドに戦えることも同じく重要な要素ですね。。。

 

あとはハイクアウトが始まっても、オンデッキと同じレベルで思考する能力が大事。要は体力ですね^^;

我々は二人とも、ハイクアウトが始まると途端に会話が少なくなるというか、思考能力が落ちる。脳への酸素供給量が減ってくるわけですよね。毎回思いますが、やはり体力も大事なんですよね。。。

 

今回は軽風であったにも関わらずの惨敗!情けない!

反省しきり。次こそは…

 

そして今からギリシャのテッサロニキへ遠征です。

今日からヤマハチームのコーチで470級の世界選手権へ。

男子チームはドイツ・キールウィークから直行。

 

キールウィークは高山/今村組(ヤマハ)が3位、神木/疋田組(ヤマハ)が9位と大健闘でした。おめでとう!

 

では行ってきます。


爆風!全日本インカレ2016初日

本日、全日本インカレ初日。

 

蒲郡は裏切らない…

爆風です。海は真っ白。

レース中でも15m/sを超えるブローに襲われています。

最後は40ktオーバーだったかな。。。

 

しかし、、、

今日は多くのトラブル艇が出ました。

1レース目が終わって、アウターループ側に多くの沈艇・トラブル艇が。多くは地方国立大。

 

風が強すぎて沈が起こせなく体力を消耗してしまった選手、サイドステーが飛んで漂流したり、センター・ラダーが流されて無くなって完沈したまま艇体放棄したり。

それはもう修羅場でした。。。

救助艇が圧倒的に足りない。というか誰も助けに来ない^^;

 

自分のチームからは、沈起こしでクルーがへばって交代要請が。

目の前の沈艇をほったらかしてスタートラインに戻るしかない?

もう、どうしようも無い状況でした。

スタートラインに戻ったら、まさかの470級スタート2分前。

おいおい、まだ助けられずに漂流しているスナイプがいっぱいおるぞ( ̄O ̄;)

 

グリーンフラッグ(支援艇は救助のためにレース海面に入って良い。)が全く機能していません。支援艇の無いチームは命に関わります。

 

第2レースのスナイプ級のフィニッシュはたったの7艇。(69艇中)

多くの艇がダメージを受けて、大金が飛んで行きます。マスト1本二十数万円。3艇マスト曲げたら60万〜70万円の損害。ヨットってお金がかかるスポーツなんですねー(ーー)

 

私は仕事で明日は葉山に戻るので、インカレは今日まで。

健闘を祈るのみです。

 

それにしても夕方まで救助作業に追われて疲れました〜〜

あの状況では、学生さんだけでは艇体放棄した船を拾って帰れませんよ…

 


早稲田総合優勝!2015全日本インカレ

今年の全日本インカレも早稲田の総合優勝で幕を閉じました。
おめでとうございます。

470級は関西学院大が優勝。中でも神木/小林組(関西学)がMVP(1-1-4-1-1-35-1)。圧倒的なスコアで全日本インカレ個戦に続いて学生日本一です。

スナイプ級は鹿屋体育大が最終日に優勝!2008年西宮大会以来の優勝です。
第1レースで黒旗ルール失格を抱え、そこからコツコツと点差を縮めていき逆転。毎レースのスコアを見ると元々優勝する実力のあったチームだったですね。
もしかして、今回もクルーは全員女子選手でしょうか?成績表では男子選手もいるようですが、動画を見ると全員女子に見える…^^;
http://bulkhead.jp/470%e9%96%a2%e8%a5%bf%e5%ad%a6%e9%99%a2%e5%a4%a7%e3%80%81%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%97%e9%b9%bf%e5%b1%8b%e4%bd%93%e8%82%b2%e5%a4%a7%e3%80%81%e7%b7%8f%e5%90%88%e3%81%af%e6%97%a9%e7%a8%b2/
学連の女子選手がインカレで活躍する道としてスナイプクルーのポジションって大きいと思います。全日本インカレ優勝2回目ですよ( `ー´)ノ
一般部員として入部し全国の舞台で活躍するのに一番の近道です。

国立大では九州大が6位に入賞。おめでとうございます。
推薦入試の無い国公立大で入賞するというのは本当にすごいと思います。それも2年連続で…
まさに「国公立大の雄」。セレクション部員の無いチームへ、可能性を示してくれる存在です。

そしてコーチングしていた金沢大は総合11位(目標6位以内入賞)。
東北大は総合14位(目標10位以内)。
それぞれ5位づつ、目標を達成することは出来ませんでした。。。

毎年、このあたりの順位で落ち着きますね。絶対に可能性はあると思いますが、なかなか壁を打ち破ることが出来ません。。。私も力不足を感じています…。もっと勉強しなきゃ(-_-;)

また来年度に向けて今日からスタート、すでに第一日目ですよ学連セーラーのみなさん!
 

全日本インカレ4日目

昨晩は母校の80周年祝賀会があり、更新ができませんでした。m(_ _)m

昨日も軽風の秋晴れの中で470級2レース、スナイプ級3レースを実施。
神木/小林組(関西学)が昨日までで1-1-4-1 7pで、今日も1位という圧倒的スコア^^;スバラシイですね。
昨日は慶応大スナイプ級が第3レースで1,2,3フィニッシュを決めました。

昨日の出艇前に選手と作戦会議的なat東北大


本日は雨の中、3レースを続行中です。

それにしても速報がもの凄く早い!
マーク回航順位から暫定総合までどれも早いのなんの。
関東学連の努力の賜物ですね^^
 

全日本インカレ3日目

本日3日目。

土曜日なので多くのOBOGが応援に駆け付けることでしょう^^;

江の島は空前の混雑が予想されます^^;

今日も良い天気。では出発!

全日本インカレ2日目

暫定結果出ました。
1位 早稲田 98p
2位 関西学 127p
3位 同志社 170p

2日間で470級2レース、スナイプ級1レースを消化。
微風のレースが続きます。
スコアも荒れてます。

今日は470級では関西学(1,2,10 13p)が大爆発。昨日オールシングルだった早稲田に一気に追いつきました。
ちなみに関西学の神木/小林組が昨日から1-1で個人トップ。どこまで記録を伸ばせるか楽しみです。東京五輪目指しますか?

トラペゾイドコースはボトムマークまでの差がつかず、中盤以降はマーク際で大混雑、ケースの嵐。

第1下マークでこれです…
カオスです(-_-;)
もう可哀そう…
何とかなりませんかね…

ちなみにフィニッシュでこれ↓

フィニッシュラインへ十数艇が一気に雪崩込みます。フィニッシュ船の悲鳴が聞こえてきそう^^;
ここでもプロテストの嵐でしたね(-_-;)
レースコンディションの影響も大きいですが、それにしても…

スナイプ級は14艇が黒旗ルール(スタート1分前からスタートラインを越えた時点で失格)に引っかかって失格。着順と成績に大きな差がありました。
黒旗の前にU旗の時点でゼネラルリコールしていましたから、リコールを舐めていたチームが多かったということなのでしょう。
また、風も非常に不安定になり1下マークでコース短縮。1上マーク回航順位と大きく順位変動があったそうです。。。
フィニッシュもカオスでビデオ判定…(-_-;)

さて、金沢大は470級が大きく崩して11位まで後退(-_-;)オ~ノ~
やはりそんなに甘くありません。今日は耐え凌ぐ事ができませんでした。。。
スナイプ級は(20,23,26 69p)でクラス4位の入賞圏内グッド。まだ1レースですけどね^^;
レースが荒れていることもあって、上位が僅差です。ここも昨日と同じで明日以降に真価が問われます。

東北大はスナイプが1艇BHD(黒旗ルールで失格)、470級は昨日とあまり変わらず上げられず…
厳しい戦いを強いられています。守るものも無いし、もっと攻めて良いと思うんですけどね。。。そうはいかない所が練習とレースの違いなんですよね。。。

レース進行状況により、明日は30分時間が早まります。
出艇は8:10です。
The インカレ
 

全日本インカレ2日目

本日は各クラス1レースのみ実施。

審問多数で結果はまだ出ません。。。

ところで昨日の470のレースのフォローですが…
N旗を揚げたのとトップ艇がフィニッシュしたのがほぼ同時だったらしく、間違ってN旗を掲げたわけではないそうです。
いろいろな偶然が重なって、N旗を揚げたがやっぱり無しにしたらしいです。。。
トップ艇がフィニッシュしていたらノーレースには出来ませんし、でも掲げちゃったし。。。
と、上位の選手が教えてくれました。(今日もトップだったんじゃないかな?)

今日の最終結果が出るまで時間がかかりそうですね。。。
 

全日本インカレ2日目

2015全日本インカレ2日目。

今朝も快晴^^;

風予報は軽風。江の島はこの時期、高気圧に覆われていると、朝の気温が低い時間帯は海に向かって岸風が吹いていて、さらに寒気が張り出していると良く吹きます。
昼に向けて気温の上昇とともに風が落ち、天気が良くて暖かいと南風に回ります。このまま昨日のように風が吹かないか、レースが出来る程度まで風が入ってくるかどうか…^^;

今日こそは良いレースを期待しましょう(-_-;)
 

全日本インカレ初日

本日は470のみ1レース成立。アウターループ第2上マークでS旗。

スナイプはインナーループの2上途中でN旗。

北っ気の2-3m/s軽風でスタート。
マークを回る毎にどんどんと風が落ちて行き、アウターループの第2アップウィンドでは50°左へシフト。上位シングル艇でもスピンを上げてフィニッシュする艇もあるような、荒れたレース。

そして事件が…

470級のレース中に運営艇がN旗を掲げてコース内に進入。
「本部船でN旗が掲揚されました(ノーレースです)」

……

数十秒後、
「(やっぱり)470はレースを続行してくださいっ」

えっ??

スナイプ級のノーレースを運営艇が勘違いして470級に間違ってN旗を揚げた模様(-_-;)

そして、フィニッシュボートも流されていたらしい…
(これは聞いた情報で、正確かどうかは分かりません。)

これらによって多くの救済要求が出されました。

救済が通った艇は第3マーク(下マーク)回航順位が適用などで大きく順位変動がありましたね(-_-;)イッタイドウナッテンダカ

成績ですが、早稲田が(1-2-9 12p)でダントツの1位。全日本インカレでオールシングルは凄いの一言。
続いて日本大が(3-11-14 28p)で2位。ここも出だし好調です。
3位 関西学(1-7-27 35p)
4位 同志社(2-3-35 40p)
5位 九州大(6-10-36 52p)
6位 明治大(12-16-33 61p)

まだ1レースなので僅差ですね。
日経大(10位)や慶応大(8位)が波乱です。。。

さて、金沢大は1レースを終えて(8-21-39 68p)でトータル7位。目標6位入賞に対しまずまずので出だしです。
今日は、これまでの準備が結果に反映された感じですね。明日以降こそ真価が問われます。

東北大は3艇とも大きく順位を崩して(29-32-48 109p)トータル13位スタートです。出艇からスタート前までの準備(ルーティーン)がまったく出来ていませんでした。
展開は自ら階段を降りていった状況でしたね。(ヨットレースは減点方式、階段を登って順位がつくのではなく、階段を降りて行き、最後(フィニッシュ)に一番高い段に居たチームが1位になると例えられます。)

如何に普段通りの状態でいられるか。
「いつもと同じ準備を行って、ミス無くレースをこなすこと」に注力しなければなりません。

明日は4レースが予定されています。
 

全日本シーホッパー選手権結果

浜名湖で行われた全日本シーホッパー選手権大会。

スタンダードクラスはスナイプ級マスターズワールドチャンプクルーの金田裕孝選手(三保F)が優勝です。

おめでとうございます。

SRは小林紫帆選手(材木座F)が優勝。女子優勝もさらいました!

おめでとうございます。

マスターズクラスは石塚恒志選手が優勝!九冨選手(高松F)、斎藤選手(材木座F)と往年の選手が上位に。


SRマスターズクラスは松永至央選手(浜名湖F)が優勝!
グランドマスターズ優勝は藤沢逸郎選手(高松F)。


新設のマスターズジュニアクラス(45歳~55歳)は「マスターズと名乗るにはまだまだ青二才だ!」という年齢を設定。金田選手がW受賞です。

表彰式が終わる頃には日が暮れてしまいましたが、記念撮影


シーホッパー級全日本は今年でもう41回目になるんですね。
歴史を感じます^^;
来年の開催地は検討中ですが、静岡の三保で9月頃が候補に挙がっています。

今年の目玉は「ヤマハリゾート「葛城 北の丸」ペア宿泊券」でした。
表彰式の大抽選会で藤巻みちる選手(三保F・女子2位)がゲット!速い選手は引きが強い!

来年も目玉景品を準備して楽しいレースを開催したいと思います。
例えばクラス分けなどでビギナークラスでも楽しめるような。。。

国体種目から外れ、今後はレース遠征が楽しい、大人も子供も楽しめるアットホームなクラスにしていきたいと考えています。 
 

全日本シーホッパー選手権in浜名湖

今日の浜名湖も晴れ。

雨予報でしたが頑張って晴れてくれてます^^;
最高気温も26℃で半袖短パン。

浜松の気候って最高なんですよね。
浜名湖はゲレンデとしては日本で5本指に入ると思いますよ( `ー´)ノ

レースの方は3レース目が進行中。
微・軽風の振れフレです。
 

2015海の甲子園

海の甲子園2日目。

朝のブリーフィング時点では15kt前後の順風域。陸上でサイドステーを詰めるチームも多々^^;

1レース目こそ良い風でしたが、次第に風が落ちてきます。


2レース目はコースチェンジshort、コース短縮などSS級以外は時短モード。

3レース目は少し風が安定するのを待って、リミット近い時間でスタート。微軽風でシフトの大きい中、各クラスともコースチェンジを多用。レース運営はバッチリでしたが、選手の方がバッチリでなかった(-_-;)

トラペゾイドコース・インナーループスタートのレーザーラジアル全艇がマークを間違えます。アウターループへ向かった際、アウターループでコースチェンジされた上マークに向かってしまい、そのまま回航。

インナーループの1下回航時にC旗。チェンジされた2上マーク回航時はC旗は無いので、本来のオリジナルマークを回航すべきだったにもかかわらず、間違えてチェンジ用のマーク(SS級、420級のアウターループ上チェンジマーク)を回航してしまいました。

結果として回航すべきオリジナルマークは、間違えて回航したマークの内側にあったので、全艇ただ大回りをしただけでレースは成立するという結末。その中で誰か一人でも気づけば…^^;

トラペゾイドコース&ボトムゲートマークは運営サイドの力量を試されるコースですが、兵庫県連の運営チームも(江の島と同じく)とても見事なレース運営でした。参加した全選手にとって良いレース経験になったと思います。
そのくらい、レースコースが複雑になったと言えます。

レース結果はこちら↓
http://www.jsaf.or.jp/hyogo/result.html

優勝は本日4-4-5とまとめてきた清風高校の西村/平井組!


昨日まで1位だった女子チームの加藤/川邉組(碧南セーリング)は9-7-12とまとめきれず2位に。NETでは同点でしたが、カットレースで敗れました。。。が、女子優勝!

女子の方が賞が多い^^;

そしてチーム兵庫ですが、少年男子420級は本日を10-13-6と順位を落とし2位→8位まで転落(>_<)キビシ~
これも良い経験です。本番の国体ではこれを糧に頑張りましょう( `ー´)ノ
20位の女子420級はまだ2年生。伸びシロ沢山です。もっともっと練習に励みましょう^^;

入賞した皆さん、おめでとうございます。
そして運営の皆さん、お疲れ様でした。
 

海の甲子園 初日

本日から海の甲子園兼西宮セーリングカップ。

初日は微風→順風で3レースを実施。
SS級、420&FJ級、レーザーラジアルの順番でスタートです。

コースはトラペゾイド、ボトムマークはゲート方式の、現在主流なコース。運営泣かせでもあります。。。
本日の結果は以下に掲載!
http://www.jsaf.or.jp/hyogo/result.html

兵庫県チームは男子420級チームが暫定総合2位(^_^)

男子では暫定1位とがんばってます。

ってことは、420級暫定総合1位は女子チームです。

加藤/川邊組(碧南セーリング)!1-2-1 4pとぶっちぎり!

明日も3レースを予定していますが、明日の天気予報は雨模様(-_-;)
既に西宮は降り出しています…(>_<)
 

関東470初日

200°の風、max10m/s程のグッドウィンドで3レースを実施。

台風の影響でうねりがバカ高い状況でした。
しかし、まいど江ノ島のレース運営は見事ですね。
スタートアウターが流れてしまい30分程度スタートが伸びましたが、それ以外は非常にスムーズなレース運営でした。

今日の暫定成績は
1位 河合/小川組(三井住友海上火災)2−1−1 2p
2位 市野/大矢組(和歌山県セーリング連盟)1−1−2 2p
3位 近藤/木村組(ガルフネット)6−4−1 5p
4位 山口/畑山組(ノエビア)3−2−4 5p
5位 エマーソン/トロイ組(Philippinesセーリングチーム)8−3−3 6p
6位 今井/木村組(日本大)23−5−4 9p
といった状況です。
既にワンカット入っています。

83艇ものビッグフリート、しかも第1レースは全艇でのスタート。最初からblackフラッグ。Philippinesチームには初体験なことばかりでしたが、良く対応していたと思います。
2,3レース目も最初からU旗でしたが、スタートでは安全に頭を出さずリスクを避けてスタートしていましたし、スマートなレース展開でしたね。

photo by 関東470協会

明日も強風予報で3レース程度実施されるかな?
良いトレーニングレガッタになりそうです^^;

今日は彼らの宿(グランブルー)で最後の晩餐^^;

カツカレー、美味しくいただきましたm(_ _)m


東医体2日目

東医体in江ノ島の2日目。

本日も3レース実施。
東っ気の風5~7m/sのコンディションだったようです。
私は行けていません…^^;

日医大は今日の3レースで逆転に成功したようです。
2艇の着順は1位-3位,1位-5位,1位-5位でトータル35.25pで現在総合1位^^vヤッタネ
カットレースが入ったおかげで昨日のOCSが消えました^^;ヨカッタ
そして個人成績でも1,2位になりました^^;スゴイ

ちなみに2位の慶応大医学部が43.75pなので10.5p差。
3位の千葉大医学部が59pで23,75p差。

明日が最終日で2レースを予定しています。
 

東医体初日

昨日は江ノ島で東医体の初日。
微・軽風下で3レースが行われました。

東医体は13校33艇で争われます。
昨日の暫定では千葉大医学部、慶応大医学部、東北大医学部、日医大、慈恵医大が上位で争っている模様です。

東医体は各校3艇までが参加出来て、そのうちの各レースでの上位2艇の結果が成績となる超変則団体戦。
全レーストータルの上位2艇ではなく、各レースでの上位2艇なので、残り1艇は何をしても成績に関係ありません。誰かを道連れに抑え続けようがラフィングマッチし続けようが、関係無い(-_-;)

インカレならあり得ないレース方式ですね。。。恐ろしい

私は日医大のサポートで江ノ島へ。レースを見ていると胃が痛い展開^^;
それでも2R目までは3-8、2-7 計20pと安定していてトップを維持していましたが、3R目で1艇がOCS(-_-;)一気に4位へ転落。
やはり横文字は絶対に叩いてはいけません。4年間の頑張りがパーですからね…

残り2日間で5レースを予定しています。
いやー、頑張ってほしいですね。

私は明日から16日まで2015ジャパンカップ遠征です。
今日はその準備と、残っている事務作業や仕事を突貫で片付け^^;

風吹かず(-_-;)

第2回江ノ島スナイプ2日目は風が吹かず、ノーレース(T_T)ノオ〜
昨日の順位がそのまま最終成績になりました。

このままでは全日本の枠は厳しいので関東スナイプの参加も決定^^;
来月も江ノ島に遠征です。
修行しなければ。。。

今回の大会で得た事は、コーチングの際に選手目線で話が出来ることでしょうかね。
私がコーチングしている学連セーラーの多くは、学連トップというわけではなく上位入賞が目標。
オールラウンドにどの風域も速くて常に優勝争いをするチームでは無く、どこか苦手風域があって困っていて、でも上位に入るために努力をするチーム。

まるで現在の私のスナイプチャレンジに似ていますね^^;
私の苦手風域は順風以上で、吹いてしまうと上位を取るのは厳しい。したがってその風域の目標は失点を10番台になんとか抑えて、得意風域で戦えるように準備をする。結果、コンディションによっては優勝争いが出来るように頑張る^^;

多くの選手の課題として、苦手風域は皆持っていると思います。それを選手の目線と経験に近い所で、選手と一緒に考える事が出来ることは、本職のコーチングにとってプラスになることだと思います。
何事もポジティブに捉えないとね^^;

今後のテーマはこの不得意風域の改善ですね。。。同じテーマがずっと続いていますが^^;
今度は柔らかいマストでも使ってみようかな…
いや^^;その前にハイクアウトにもっと出れるようにするのが先か(-_-;)
 

| 1/9PAGES | >>