calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

楽天ショップ

楽天トラベル

Amazon

この週末は

この週末は第二回江ノ島スナイプにこっそり参戦していました^^;

参加はなんと96艇!江ノ島ならではのビッグフリートでした。

 

風は軽風で、合計体重の軽い軽風仕様の我々に味方してくれるも、4レース中2レースで大きく順位を崩してしまい(T ^ T)

1−2−27−26位でそれでも5位入賞^^;

カットレースが無くて厳しい状況でしたが、皆さんの順位の変動も非常に大きくラッキーな入賞でしたm(_ _)m

しかしまだまだ修行が足りません!

レースの度に反省会でした(ー ー;)

 

我々は軽いので、通常の体重(合計130〜140kg)のチームよりも早い段階でオーバーパワーになってしまいます。メインがセンタリング出来なくなり始めたら、周りとボートスピードが変わらなくなってくるので、ここが戦術・戦略の分岐点になります。(リスクとリターンのバランス)

ここを見誤ると、一気に集団に飲み込まれ始めます。スピードも変わらないのでここから順位を上げるのは至難の技。優勝争いから脱落してしまいます。

 

ちなみにリスクとは具体的に、スタートの出る位置や、コース選択における集団に対する自艇のポジション(パーセントで表します。)集団の中央は50%、端は100%。数値が高ければリスクも高いです。

リターンは集団に対する距離も関わってきます。係数みたいなものでしょうか。距離を大きくすればシフトに対する影響が大きくなるので、ボートスピードの無い場面ではこの係数を利用することになります。

得意風域を持つのはレガッタで勝つために大事な要素ですが、やはりオールラウンドに戦えることも同じく重要な要素ですね。。。

 

あとはハイクアウトが始まっても、オンデッキと同じレベルで思考する能力が大事。要は体力ですね^^;

我々は二人とも、ハイクアウトが始まると途端に会話が少なくなるというか、思考能力が落ちる。脳への酸素供給量が減ってくるわけですよね。毎回思いますが、やはり体力も大事なんですよね。。。

 

今回は軽風であったにも関わらずの惨敗!情けない!

反省しきり。次こそは…

 

そして今からギリシャのテッサロニキへ遠征です。

今日からヤマハチームのコーチで470級の世界選手権へ。

男子チームはドイツ・キールウィークから直行。

 

キールウィークは高山/今村組(ヤマハ)が3位、神木/疋田組(ヤマハ)が9位と大健闘でした。おめでとう!

 

では行ってきます。


爆風!全日本インカレ2016初日

本日、全日本インカレ初日。

 

蒲郡は裏切らない…

爆風です。海は真っ白。

レース中でも15m/sを超えるブローに襲われています。

最後は40ktオーバーだったかな。。。

 

しかし、、、

今日は多くのトラブル艇が出ました。

1レース目が終わって、アウターループ側に多くの沈艇・トラブル艇が。多くは地方国立大。

 

風が強すぎて沈が起こせなく体力を消耗してしまった選手、サイドステーが飛んで漂流したり、センター・ラダーが流されて無くなって完沈したまま艇体放棄したり。

それはもう修羅場でした。。。

救助艇が圧倒的に足りない。というか誰も助けに来ない^^;

 

自分のチームからは、沈起こしでクルーがへばって交代要請が。

目の前の沈艇をほったらかしてスタートラインに戻るしかない?

もう、どうしようも無い状況でした。

スタートラインに戻ったら、まさかの470級スタート2分前。

おいおい、まだ助けられずに漂流しているスナイプがいっぱいおるぞ( ̄O ̄;)

 

グリーンフラッグ(支援艇は救助のためにレース海面に入って良い。)が全く機能していません。支援艇の無いチームは命に関わります。

 

第2レースのスナイプ級のフィニッシュはたったの7艇。(69艇中)

多くの艇がダメージを受けて、大金が飛んで行きます。マスト1本二十数万円。3艇マスト曲げたら60万〜70万円の損害。ヨットってお金がかかるスポーツなんですねー(ーー)

 

私は仕事で明日は葉山に戻るので、インカレは今日まで。

健闘を祈るのみです。

 

それにしても夕方まで救助作業に追われて疲れました〜〜

あの状況では、学生さんだけでは艇体放棄した船を拾って帰れませんよ…

 


早稲田総合優勝!2015全日本インカレ

今年の全日本インカレも早稲田の総合優勝で幕を閉じました。
おめでとうございます。

470級は関西学院大が優勝。中でも神木/小林組(関西学)がMVP(1-1-4-1-1-35-1)。圧倒的なスコアで全日本インカレ個戦に続いて学生日本一です。

スナイプ級は鹿屋体育大が最終日に優勝!2008年西宮大会以来の優勝です。
第1レースで黒旗ルール失格を抱え、そこからコツコツと点差を縮めていき逆転。毎レースのスコアを見ると元々優勝する実力のあったチームだったですね。
もしかして、今回もクルーは全員女子選手でしょうか?成績表では男子選手もいるようですが、動画を見ると全員女子に見える…^^;
http://bulkhead.jp/470%e9%96%a2%e8%a5%bf%e5%ad%a6%e9%99%a2%e5%a4%a7%e3%80%81%e3%82%b9%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%97%e9%b9%bf%e5%b1%8b%e4%bd%93%e8%82%b2%e5%a4%a7%e3%80%81%e7%b7%8f%e5%90%88%e3%81%af%e6%97%a9%e7%a8%b2/
学連の女子選手がインカレで活躍する道としてスナイプクルーのポジションって大きいと思います。全日本インカレ優勝2回目ですよ( `ー´)ノ
一般部員として入部し全国の舞台で活躍するのに一番の近道です。

国立大では九州大が6位に入賞。おめでとうございます。
推薦入試の無い国公立大で入賞するというのは本当にすごいと思います。それも2年連続で…
まさに「国公立大の雄」。セレクション部員の無いチームへ、可能性を示してくれる存在です。

そしてコーチングしていた金沢大は総合11位(目標6位以内入賞)。
東北大は総合14位(目標10位以内)。
それぞれ5位づつ、目標を達成することは出来ませんでした。。。

毎年、このあたりの順位で落ち着きますね。絶対に可能性はあると思いますが、なかなか壁を打ち破ることが出来ません。。。私も力不足を感じています…。もっと勉強しなきゃ(-_-;)

また来年度に向けて今日からスタート、すでに第一日目ですよ学連セーラーのみなさん!
 

全日本インカレ4日目

昨晩は母校の80周年祝賀会があり、更新ができませんでした。m(_ _)m

昨日も軽風の秋晴れの中で470級2レース、スナイプ級3レースを実施。
神木/小林組(関西学)が昨日までで1-1-4-1 7pで、今日も1位という圧倒的スコア^^;スバラシイですね。
昨日は慶応大スナイプ級が第3レースで1,2,3フィニッシュを決めました。

昨日の出艇前に選手と作戦会議的なat東北大


本日は雨の中、3レースを続行中です。

それにしても速報がもの凄く早い!
マーク回航順位から暫定総合までどれも早いのなんの。
関東学連の努力の賜物ですね^^
 

全日本インカレ3日目

本日3日目。

土曜日なので多くのOBOGが応援に駆け付けることでしょう^^;

江の島は空前の混雑が予想されます^^;

今日も良い天気。では出発!

全日本インカレ2日目

暫定結果出ました。
1位 早稲田 98p
2位 関西学 127p
3位 同志社 170p

2日間で470級2レース、スナイプ級1レースを消化。
微風のレースが続きます。
スコアも荒れてます。

今日は470級では関西学(1,2,10 13p)が大爆発。昨日オールシングルだった早稲田に一気に追いつきました。
ちなみに関西学の神木/小林組が昨日から1-1で個人トップ。どこまで記録を伸ばせるか楽しみです。東京五輪目指しますか?

トラペゾイドコースはボトムマークまでの差がつかず、中盤以降はマーク際で大混雑、ケースの嵐。

第1下マークでこれです…
カオスです(-_-;)
もう可哀そう…
何とかなりませんかね…

ちなみにフィニッシュでこれ↓

フィニッシュラインへ十数艇が一気に雪崩込みます。フィニッシュ船の悲鳴が聞こえてきそう^^;
ここでもプロテストの嵐でしたね(-_-;)
レースコンディションの影響も大きいですが、それにしても…

スナイプ級は14艇が黒旗ルール(スタート1分前からスタートラインを越えた時点で失格)に引っかかって失格。着順と成績に大きな差がありました。
黒旗の前にU旗の時点でゼネラルリコールしていましたから、リコールを舐めていたチームが多かったということなのでしょう。
また、風も非常に不安定になり1下マークでコース短縮。1上マーク回航順位と大きく順位変動があったそうです。。。
フィニッシュもカオスでビデオ判定…(-_-;)

さて、金沢大は470級が大きく崩して11位まで後退(-_-;)オ~ノ~
やはりそんなに甘くありません。今日は耐え凌ぐ事ができませんでした。。。
スナイプ級は(20,23,26 69p)でクラス4位の入賞圏内グッド。まだ1レースですけどね^^;
レースが荒れていることもあって、上位が僅差です。ここも昨日と同じで明日以降に真価が問われます。

東北大はスナイプが1艇BHD(黒旗ルールで失格)、470級は昨日とあまり変わらず上げられず…
厳しい戦いを強いられています。守るものも無いし、もっと攻めて良いと思うんですけどね。。。そうはいかない所が練習とレースの違いなんですよね。。。

レース進行状況により、明日は30分時間が早まります。
出艇は8:10です。
The インカレ
 

全日本インカレ2日目

本日は各クラス1レースのみ実施。

審問多数で結果はまだ出ません。。。

ところで昨日の470のレースのフォローですが…
N旗を揚げたのとトップ艇がフィニッシュしたのがほぼ同時だったらしく、間違ってN旗を掲げたわけではないそうです。
いろいろな偶然が重なって、N旗を揚げたがやっぱり無しにしたらしいです。。。
トップ艇がフィニッシュしていたらノーレースには出来ませんし、でも掲げちゃったし。。。
と、上位の選手が教えてくれました。(今日もトップだったんじゃないかな?)

今日の最終結果が出るまで時間がかかりそうですね。。。
 

全日本インカレ2日目

2015全日本インカレ2日目。

今朝も快晴^^;

風予報は軽風。江の島はこの時期、高気圧に覆われていると、朝の気温が低い時間帯は海に向かって岸風が吹いていて、さらに寒気が張り出していると良く吹きます。
昼に向けて気温の上昇とともに風が落ち、天気が良くて暖かいと南風に回ります。このまま昨日のように風が吹かないか、レースが出来る程度まで風が入ってくるかどうか…^^;

今日こそは良いレースを期待しましょう(-_-;)
 

全日本インカレ初日

本日は470のみ1レース成立。アウターループ第2上マークでS旗。

スナイプはインナーループの2上途中でN旗。

北っ気の2-3m/s軽風でスタート。
マークを回る毎にどんどんと風が落ちて行き、アウターループの第2アップウィンドでは50°左へシフト。上位シングル艇でもスピンを上げてフィニッシュする艇もあるような、荒れたレース。

そして事件が…

470級のレース中に運営艇がN旗を掲げてコース内に進入。
「本部船でN旗が掲揚されました(ノーレースです)」

……

数十秒後、
「(やっぱり)470はレースを続行してくださいっ」

えっ??

スナイプ級のノーレースを運営艇が勘違いして470級に間違ってN旗を揚げた模様(-_-;)

そして、フィニッシュボートも流されていたらしい…
(これは聞いた情報で、正確かどうかは分かりません。)

これらによって多くの救済要求が出されました。

救済が通った艇は第3マーク(下マーク)回航順位が適用などで大きく順位変動がありましたね(-_-;)イッタイドウナッテンダカ

成績ですが、早稲田が(1-2-9 12p)でダントツの1位。全日本インカレでオールシングルは凄いの一言。
続いて日本大が(3-11-14 28p)で2位。ここも出だし好調です。
3位 関西学(1-7-27 35p)
4位 同志社(2-3-35 40p)
5位 九州大(6-10-36 52p)
6位 明治大(12-16-33 61p)

まだ1レースなので僅差ですね。
日経大(10位)や慶応大(8位)が波乱です。。。

さて、金沢大は1レースを終えて(8-21-39 68p)でトータル7位。目標6位入賞に対しまずまずので出だしです。
今日は、これまでの準備が結果に反映された感じですね。明日以降こそ真価が問われます。

東北大は3艇とも大きく順位を崩して(29-32-48 109p)トータル13位スタートです。出艇からスタート前までの準備(ルーティーン)がまったく出来ていませんでした。
展開は自ら階段を降りていった状況でしたね。(ヨットレースは減点方式、階段を登って順位がつくのではなく、階段を降りて行き、最後(フィニッシュ)に一番高い段に居たチームが1位になると例えられます。)

如何に普段通りの状態でいられるか。
「いつもと同じ準備を行って、ミス無くレースをこなすこと」に注力しなければなりません。

明日は4レースが予定されています。
 

全日本シーホッパー選手権結果

浜名湖で行われた全日本シーホッパー選手権大会。

スタンダードクラスはスナイプ級マスターズワールドチャンプクルーの金田裕孝選手(三保F)が優勝です。

おめでとうございます。

SRは小林紫帆選手(材木座F)が優勝。女子優勝もさらいました!

おめでとうございます。

マスターズクラスは石塚恒志選手が優勝!九冨選手(高松F)、斎藤選手(材木座F)と往年の選手が上位に。


SRマスターズクラスは松永至央選手(浜名湖F)が優勝!
グランドマスターズ優勝は藤沢逸郎選手(高松F)。


新設のマスターズジュニアクラス(45歳~55歳)は「マスターズと名乗るにはまだまだ青二才だ!」という年齢を設定。金田選手がW受賞です。

表彰式が終わる頃には日が暮れてしまいましたが、記念撮影


シーホッパー級全日本は今年でもう41回目になるんですね。
歴史を感じます^^;
来年の開催地は検討中ですが、静岡の三保で9月頃が候補に挙がっています。

今年の目玉は「ヤマハリゾート「葛城 北の丸」ペア宿泊券」でした。
表彰式の大抽選会で藤巻みちる選手(三保F・女子2位)がゲット!速い選手は引きが強い!

来年も目玉景品を準備して楽しいレースを開催したいと思います。
例えばクラス分けなどでビギナークラスでも楽しめるような。。。

国体種目から外れ、今後はレース遠征が楽しい、大人も子供も楽しめるアットホームなクラスにしていきたいと考えています。 
 

| 1/26PAGES | >>