calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

楽天トラベル

楽天

湘南レース最終戦

先週末はシーボニアで湘南レース最終戦でした。

毎月行われる湘南レースの年間総合優勝を争います。

 

何と言っても大事なのはレースに出ること。参加しなければ1ポイントも稼げないので不利。年間表彰上位は圧倒的な参加率でした^^;

 

我々光風チームは最終戦第1レースをまたもリコールでスタート( ̄◇ ̄;)

戻って再スタートを切るも、風が左に40度くらい振って競馬レースに^^;

結果、なんとビリという締め方になりましたorz

 

年間総合もニッポンカップやトランス相模、チャイナcupなどで不参加が響いて4位。メダルを逃す結果に(T ^ T)

副賞が豪華なので来年はもう少し狙っていこう…

 

そして今日はフィーリンオーシャンです。

恵比寿へgo!

19時からスタートです。

 


無事に帰国し…

一昨日の晩に無事帰国。

昨日からクルー全員、強制的に現実に引き戻されます^^;アタリマエカ

 

社会復帰できるか不安なくらい、チャイナカップは充実していました。

成績は奮わなかったですが(T ^ T)

最終結果は13位。

 

レース内容はミスも多く、反省点の多いレガッタでした。

私自身First40.7は初めて乗ったのですが、光風(First40)とは微妙に違う乗り味。

若干加速が速く、若干行き足が止まるのが早い。

その微妙な違いが2度のスタートミスを引き起こしてしまいました(ー ー;)反省

いや〜リベンジしたい…(T ^ T)

 

 

レースが終わった翌日は早朝に出発したので詳細がブログに書けず。

登る朝日を見ながらホテルを出発。

 

深センの中心街を抜けます。

建設ラッシュですごい早さで街が成長していくようです。

 

が!

むむ⁉

よく見ると、建設中のビルの足場が…

 

これbamboo🎋か⁉

 

足場がで組まれています(;゜0゜)マジか

あちらこちらの建設現場で同じ風景が^^;

恐るべしChina…

 

おまけ)

ホテルの朝食会場の…

大きさが^^;どんだけ⁉

入り口には水族館のような巨大水槽が^^;どんだけ〜笑

 

洒落たオブジェ

Chinaカップ一色^^

 

チーム光風の晩餐

10日間ありがとうございましたm(_ _)m

 

さて今日も現実に戻ってお仕事お仕事💦

 


チャイナカップ終了〜

最終日は風が無く海上待機4時間でノーレースに。

前日までの結果が最終resultとなりました。

 

ハーバーに戻って慌ただしくチャーター艇を返却し、閉会式を経て終了。

 

今朝7時にホテルを出発して、現在香港国際空港です。

 

今夜には帰国!

 

 


チャイナカップ4日目

本日は12~15ktくらいの風で1レースを実施。

今日こそ「普通にレースを」と準備し、無事一線から並んでスタート。

 

集団とともに順調にスターボを伸ばしますが、ボートスピードがほんの少し遅い、、、

この「ほんの少し」がバタフライ効果で効いてきます。

 

7割の生き残り艇団がポートに返しますが、この中で走れるスペースが無い(T ^ T)

前でタックを打たれ、下でタックを打たれ、苦しい状態でズルズルと順位が落ちてきます。

さらに走りも良いわけでは無く、第1上マークでは集団と絡みながらも定位置の中盤以降に(ー ー;)

 

インナーループ3周コースを回りますが、順位の変動は無く…

パッとしない順位で終わりました。

 

そのまま風が落ちて不安定になり、結局午後はレースが行われず。

明日、残り2レースが予定されています。

 


China Cup 3日目

チャイナカップ3日目は島周りのロングディスタンス

深セン沖に点在する島々を使って、コンディション(風速)によって回る島を決めてコース設定を行います。

 

昨日は良い風だったので、長めのコースでぐるっと8の字を描いてきました^^;

 

スタート時は18ktで白波バンバンだったのでcode3を選択。これが裏目に出て、皆さんジェノアでメインをバッサバッサいわせながらゴイゴイと走っていきます^^;

最初のレグでの遅れを取り戻せず12位(T ^ T)

13時にロングのレースが終わったので、そのまま引き続きまたコースレースを実施。

今回はトラブルも無く、やっとレースの準備が整ったにも関わらず、スタート爆死して出遅れ即タック組に…

 

スタート後のスターボ正面が岸なので、そのまま伸ばして岸のベンドを期待してコースの左エリアを使うのがセオリーで、スタートラインは10度上有利。

上集団の下から出て伸ばしたかったのですが、考えることは皆同じ(~_~;)

スタートのポジション争いに敗れ…

行きたい方に行かせてもらえません。

予定通り第1アップウィンドレグで左に風が振ってしまい…

上マークはケツ3(16位)( ̄◇ ̄;)ハウッ!

 

第2アップウィンドでは左エンドに出られて少し挽回。

最後のダウンウインドでも混戦で耐えてフィニッシュは10位。

 

未だ上位と争うことが出来ません。

せめて一度くらい3位以内で上位と争ってみたい(~_~;)

さあ、ラスト2日。

ガンバリマス!

 


チャイナカップ2日目

orz…omg…

 

気持ちを切り替えて臨んだ2日目のレース。

風は13kt~15ktの中風の良いコンディション。

 

が、なんとスタート前のウォームアップ中にヘッドセールがスプレッターの部分で裂けてしまい(ーー;)アウチ

 

慌てて降ろしてリペアクロスを貼るも、ジェノア(オーバーラップジブの巨大なヘッドセール)のパワーにセールクロスごときが勝てるはずもなく。。。

ワンタック目でリペアは剥がれ、ズルズルと順位を落とし12位(19艇中)。

 

2レース目はジェノアが使えないのでcode3と言う強風用の小さいヘッドセールを使いますが、当然セールエリアが小さい分遅いわけで…(T_T)15位。

 

3レース目は、このまま小さいセールでは絶対無理ということで、破れたセールを洋上で緊急補修。リペア貼って縫いこんで、セールをセットできたのはスタートの2分前( ̄◇ ̄;)ギリセーフ

 

シフトが我々の味方をしてくれて、スタートの遅れはチャラになったものの、せっかくもらったチャンスを生かせずミスを大連発。結果7位(~_~;)そんなに変わらん…

なんか言い訳ばかりな感じでしたが、良いとこ無しでした…

しかも1レース目の最初の上マークで、逆ジブを決めたポート艇に突っ込まれて艇を破損(ーー;)orz

40ftクラスの船が突っ込んでくる恐怖はたまりません。。。

必死に避けたのですが「グァシッ!」と接触…(ーー;)

 

う〜ん(ーー;)

 

明日はロングディスタンスの島周りレース。

もう少し何とか良いレースをしたいものです。

これじゃ恥ずかしくて日本に帰れませぬ…(T ^ T)


チャイナカップ初日

Woooops!

やってしまいました。

 

第1レースUFD(ーー;)

一番やっちゃいけないパターン。

この写真のシーン。

アウター側で下一争いをAUS、NZLと我々JPNでしていて、AUSに追われ最後の最後に出されてしまいNZLとJPNはUFDでアウト(ーー;)アイタ〜

 

その後無風になりN旗を祈るも、1下マークで短縮してレース成立!

しかも本日はこれで終了(T^T)

ご飯が喉を通らないやつです…

 

切り替えて明日から頑張るしかありません。。。。

 

チャーター艇First40.7

我々のファイティングFLAG

 

その日一番の艇のdaily prize givingの様子


チャイナカップ前日

今日はレジスト(受付)、クルー登録、チャーター艇の受け取り。

 

約20隻のFirst40.7が全艇チャーターされます。

チャイナパワーすごい^^;

セールも新調されていました。

大会会場もセーリングW杯のような、かなり大掛かりなお祭り騒ぎです^^;

 

これはあの「デカスロン」のブース

超簡単組み立てヨットが展示されていました。

子供が夏に海水浴するような感覚で乗れるエア式ヨット。

お値段18,000元(約35万円)

折りたたみ自転車サイズまでコンパクトに折りたたみできます。

砂浜やスロープから降ろしたらそのままスーッと海へgo!

船台がセンターボード代わりなので本当手軽です笑

日本で売れるかも…

輸入しようかな…

 

さて今日は、チャーター艇を受け取り、猶予3時間で全力整備。

午後からのセーリングは入国審査の関係で禁止。港から全員出されます。

 

ウィンチバラして、マーキング入れて、船底潜ってチェックして。。。

同型艇の勝負なので整備から戦いが始まっていますね。

遅い船では話になりません^^;

 

明日は10時からレーススタート。

5日間で9レースが予定されています。

 


チャイナへ

今朝は4時半起床(~_~;)

 

今から香港経由で深センへgo(`_´)ノ

 

香港に到着したら入国手続きをせずにフェリー乗り場へ向かいます。

 

空港内にあるフェリー乗場。

 

鉄道でフェリー乗場へ移動(約5分)して空港隣接の港へ

 

高速フェリーで深センの港へ

ここで入国審査手続きをして中国へ入国です。

 

香港は情勢が危ういので、日本→中国へ直接渡るルートとしてフェリーを使うことになりました。

 

移動に14時間かかり、結局着いたのは18時で何もできず。。。

とりあえず青島ビールで乾杯しときました^^;


ニッポンカップ2019

この週末はニッポンカップ オータムシリーズに参戦。

photo by BULKHEAD magagin

よく吹いた二日間。

5レースを実施。

 

成績は、おかげさまで

photo by BULKHEAD magagin

IRCクラスA 総合優勝できました!

ありがとうございますm(_ _)m

 

3月のスプリングシリーズと合わせて年間総合優勝も獲得!

BIGな副賞は「LOCMAN(ITALY)」社の腕時計。

お値段なんと130万円!( ̄◇ ̄;)

 

プラチナ・スポンサーにアウディー・ジャパンが付き、また副賞に豪華客船で行くシンガポールへの旅なども付いて、国内ヨットレースでは現時点で最もプレミアムな大会となっています。ニッポンカップ実行委員会の方々のご苦労は日本一ですね^^

 

葉山ヨットクラブが主催するこの大会は、主に葉山で活動するキールボートレーサーが中心となって運営開催されており、湘南エリアのハイレベルなキールボートレーサーが集まります。

私達もレベルの高い艇団に揉まれながら、良い経験ができました。

photo by BULKHEAD magagin

 

我々のディビジョンAには上位のPROPAGANDA(A35)、NATSUKO(X35)、VOGUE(JND36)、EXOTIQUE(MAT1070)、MIWA(SYDNEY 36 CR)が凌ぎを削るガチンコバトルの模様。

我々は40ftでレーティングが高く、1時間のレースで1~3分は前でフィニッシュしなくてはなりません。

 

結果は5−1−1−1−(7) 8pでしたが、軽風になった5,7位が全然あきません(~_~;)

軽風以下では前出の5艇と絡み合いながら前に行かせてもらえないんです。

 

1位を取っているのは15kt以上の強風レースのみ。

我々のスナイプと真逆で、光風(First40)は吹いた方が走ってくれます。

理由は重量級だから^^;

しかしそれでもクルーワークの大きなミス無く走りきって、それでギリギリタイム差数秒⁉という接戦になります。

IRCレーティングって本当によくできていますね(笑)

 

今回勝てたのは強風のおかげと、強風向きの船のおかげ、そしてド強風の中で小さなミスをカバーしながらラウンドしきったクルーワークのおかげ。そしてもちろん、この環境を作ってくれるオーナーのおかげです。

photo by BULKHEAD magagin

いや〜、久しぶりの勝利に笑みがこぼれます。

 

上位結果)

1位KOUFU(FIRST 40) 5−1−1−1−(7)   8p

2位EXOTIQUE(MAT1070)4−2−(7)−2−3 11p

3位NATSUKO(X35)1−4−4−3−(4)    12p

4位PROPAGANDA(A35)2−5−5−(7)−1   13p

5位MIWA(SYDNEY36CR)(11)−6−2−4−2 14p

6位VOGUE(JND36)3−3−3−5−(5)      14p

https://hmyc.or.jp/nc2019/results/autumn/overall.pdf

 

しかし、今回のレースも先週のスナイプワールド(ブラジル)と同じく反省しきりのレースばかりでした。

まず、goodスタート率が低いこと。

スタートで死んでしまうと、その後の逃げタックなどリカバーまでの時間がかかることでレースにならなくなります。

「まずはクリアーエアー。空いてる所を探して風をクリアーに💦」

なんてやってる時点で、かなり「風の階段」を降りてます。(風の階段の最上段がトップ集団です。)

 

またレースでスタートが超下有利だったり、一本コースのレグだったり、距離が短かったり、色々変わった条件ありましたが結局、腕があればそれを利用して前に出れば良いだけの話。

私は「スタートが混雑する」だとか「一本レグの競馬レースなんて…」など不満を持ってしまっていましたが、その時点で二流。

最終結果が良かったから、後から冷静に分析していましたが、ホントにまだまだです。

どんな条件でも前を走れるチームにならなくてはなりません(`_´)ノ

 

しかし、、、

スナイプワールドの結果に落ち込み気味だった私を、今回の結果は救ってくれましたm(_ _)m

来月には光風チームでチャイナカップ(深圳)に遠征します。

全艇First40.7チャーターの同型艇レース。

ここでも今回の修行を活かせるよう、頑張らねば。

 

さて、今週末からは全日本インカレのある西宮へ遠征です。

時差ぼけがまだ治らない…^^;ダイジョウブカ?オレ

 


週末は

この週末はキールボート光風(First40)で湘南レース。

 

土曜日は練習日でキールボートでグルグル。

さすがに40ftでのグルグルはなかなかハードです。

ポジションを色々と交代しながら練習。

11月に深圳で行われるチャイナカップへ出場するので、動作練習メインです。

 

日曜日は湘南レースの予定でしたが、台風15号の影響で中止。

残念T_T

次回は10月のニッポンカップ(葉山)なのでその準備と台風対策で終了!

夜中の爆風は不安でしたが、、、

 

myスナイプは自宅の駐車スペースで台風対策(~_~;)

と言っても縛る場所はないのでタイヤを抜いて船台と船を固定し舞い上がっていかないように抑えます。

無事やり過ごせたようで^^;ホッ

 

明日からまた琵琶湖へ舞い戻って金沢大のコーチング。

週末は関西インカレ予選で新西宮で大阪府立大のコーチングです。

 


トランス相模

この週末は静岡県の下田でキールボートのレースに参加。

土曜日の石廊崎レースは写真の通り、下一のスタートを決めて最初のポイント「横根」の岩へ。

たどり着いた途端に真横から4ktの超流にざ〜〜〜〜〜と下へ流されて、トップから一気にビリへ(; ̄O ̄)ア〜レ〜

 

集団は岸ベタに寄せて寄せて前へ進んで行きますが、我々は潮の主流から脱出できずに完全に取り残されます。

まるで車輪の中を走るハムスターのように…

約1時間半止まっていたのでトップ艇から約4マイルは離されたのか、、、米粒のように離されました。

フィニッシュはタイムリミットの15時に10min届かずorz

炎天下5時間のたうちまわって終了(~_~;)チーン

 

日曜日はトランス相模。

下田から三浦までの約50マイルのロングディスタンス。

ここは昨日と真逆で、スタートで爆死^^;

スタートが写真の通りカオスです…

 

ここからコツコツと1タック毎に這い上がり、タクティシャン(嫁)の言うことをちゃんと聞いて超流に乗りながらリフトを走り続けて、なんとかファーストホーム!👍修正でも1位!

これはフィニッシュ直後。

 

今回は地獄と天国を見ました^^;

他のチームの皆さんも言ってますが、やはりロングは難しいです…

今回は大島へ寄せすぎず、岸にも寄せず、シフトに忠実に走りながらどちらに振れても火傷しないコースでした。

それが功を制して我々が最もオーバーセールせずに最短コースになりました。

こんなこともあるんですね…

 

昨夜はタイムリミットの0時フィニッシュもあり得るので、今日は休みを取っていたおかげで休養日です。

今日から早速会社でお仕事の、クルーの皆さんゴメンなさい^^;オツカレッス!

 

でも遠征に行くと事務作業が山積みになるので結局普通にお仕事でした。。^^;

 

おまけ)

フィニッシュまであと5マイル程度の三浦半島の沖合で大きな鯨と遭遇^^;

最初は暗岩と思ってギクッ!

「いやまさか、こんな沖合に岩場があるわけないしな…」

「クジラかな?」

と思ってたら

「ブシュー!!」

と潮を噴きあげる鯨。

何かいいことありそうな予感^^


湘南レース

先週末は湘南レースでした。

 

キールボート光風(First40)で参戦。

レースの方はずっと軽風で、code1(軽風用の軽くて大きなヘッドsail)使用中の我々にはとっても厳しい条件(~_~;)

 

ミドルボート全日本前ということもあって関西からNATSUKOチーム(X35)の参加があったりで、参加艇多し、レベル高し。VOGUE(JND36)やPROPAGANDA(A35)、PAPILLON(K36SAMURAI)と絡み合いながらのレース展開と思いましたがHAURAKI(First35)もずっと近くにいて混戦。

 

スタートも珍しくゼネラルリコールを連発。皆さん熱いです^^;

下一争いで船同士の結構な接触もあり、スタンションが曲がってたりしてます。(強引だねぇ…)

 

結果、

1位 NATSUKO 1-2 3p

2位 KOUFU       2-6 8p

3位 HAURAKI   5-5 10p

4位 PROPAGANDA 11-1 12p

5位 PAPION   9-4 13p

という成績に^^;

 

我々は軽風の中で2位なら頑張った方!と自分たちを慰めながら帰路へ笑

そしたら燃料が無くて機走できず帆走で帰るハメに(~_~;)アチャ〜

 

成績表)

https://www.riviera.co.jp/marina/pdf/shonan_2019_06_IO_result.pdf

 

今年の4月から転勤や新卒で関東に異動してきた新メンバーのおかげでチームメンバーが増えてきました。

私がコーチングしている金沢大、東北大、大阪府立大などのOBで構成される若手。

このような繋がりで、卒業してもヨットが続けられると良いですね^^

 


湘南レース

GW明けの最初の週はキールボート光風(FIRST40)で湘南レースに参加。

秋谷沖〜城ヶ島沖ブイのイッテコイ。

16艇が参加し、我々は4位でした。

軽風のコンディションにしては良く頑張った方かな^^;

 

行きも帰りもジェネカーを張れるような横っ走りコンディション。

A1.5でアパレント50度とかで走るシーンもあったり。

微軽風だから出来ることです(^_^;)

 

往路も復路もジェネカーとCode1のアップダウンを2回ずつ行いますが、ほぼノーミス。

結果、4位でした。

写真が一枚も無いです…(~_~;)寂しい…

 

今週末は秋田へコーチングの予定です。

 


ニッポンカップ2019スプリング

4/13,14は葉山でニッポンカップに光風(First40)で参戦!

 

photo by Bulkhead Magazine

 

初日は3レース、中風→微風コンディション。

我々は3−5−8位と、風が落ちるのと同じペースで順位も落ちていきます^^;

クラス分けはディビジョンAでしたが、皆さん微軽風が速いのなんの(ーー;)

スタートした後にスーッと置いていかれてしまいます。

いくらスタートで頑張っても上から下から突破されるのでジエンド。コースも弾かれ、成績も弾かれる始末。

 

2日目は2レースを実施し、15~18ktの中風コンディション。

この風域でやっと躍動し始める光風。重量級で重いのです…

成績は1−1位でまとめ総合3位。

 

上位は大接戦で、数秒差で1~3位が決まる内容に。我々は2秒差で優勝を逃し、2位のMIWA (Sydney36)さんも6秒差かな?で優勝を逃し^^;

結果、優勝はVOGUE(JND 36)三部め〜。あれだけスタート失敗しているくせにフィニッシュまでに数秒差まで詰めてくる。普通にレースされたら勝ち目無いです( ;´Д`)

photo by Bulkhead Magazine

※下一スタートが我々光風(JPN2814)その真後ろで爆死しているグレーのハルがVOGUE^^;笑 ここから2位ですからね(~_~;)

 

2日間、風に恵まれて5レースを消化できましたし、良いレースでした。運営も素晴らしいですし、レース艇が集まる理由がわかります。

あとは表彰式会場のキャパが毎回不足しているので、もう少し大きな所でやっていただけると^^;

 


ドン吹き湘南レース

日曜日の湘南レースはドン吹きました^^;

 

max30kt越え。各艇コントロールギリギリ。

我々もスタートでトラブル艇に巻き込まれながら40秒遅れでスタート。

それでも何とか挽回しながら徐々に追い上げて、フィニッシュでは3着、修正でも3着でした。

 

1レース目、このコンディションと今回のメンバーでは、下マークでスピンの回収が不可と判断して1周目はスナイプ走りで下マークへ。

2回目のダウンウィンドはS3を上げて飛んでいきますが、フィニッシュラインでラダーが抜けてチャイニーズジャイブ!

何とかダメージは避けれたものの光風でブローチングしたのは初でした。

重いガストだった〜^^;

 

2レース目はノーレースに。ソソクサとハーバーへバックしました。

 

1,2位は果敢にジェネカーを上げて飛んでいたHPR(ハイパフォーマンス艇)のカラスとエスプリ。

さすがです。

我々もまだまだ精進が必要です(`_´)ゞ

 

最近、クルー年齢層の変化に伴ってチームが安定しません。

メンバーを固めるのはどのチームも苦労しますね。。。

 


桃源郷的な…

今日はキールボート光風(First40)の練習日。

 

 

にしても今日は寒かった(^^;;

あまりに気温が低くて海水の方が暖かいので、海面から湯気が^^;

 

昼を過ぎてもず〜っと湯気が立っていました。

ひどい時は霧のようになって岸が見えなくなります。

 

そんな極寒の中でも練習しているキールボートもちらほら。

好きですね〜^^;

カラス、エスプリ、ハナミズキ、トレッキー、プロパガンダ。

J24も(月光チームかな?)も2艇でショートブイ周りをぶっ通しで。

好きですね〜^^;

 

明日は湘南レースですが、みんな来れるのか?^^;

 


この週末は

この週末はキールボート光風(First40)。

シーボニアで新春湘南レース第1戦。

 

コースは小網代〜秋谷沖ブイのイッテコイに、40艇が参加!

 

北東の風Max20ktの中、あっという間にフィニッシュでした。

結果はクラス3位(~_~;)

 

アップウンドは調子良いのですが、帰りのダウンウィンドリーチングで色々戦略をミス。

リーチングジェネカーが無く、リーチャーを上げるタイミングも遅く、降ろすのも早く…

後ろに追いつかれ、前に離され3位に落ちてしまいました(T_T)ノ〜

 

1位はセンチュリーファーストGPで、上マークは1個前で回るもリーチングでぶっちぎられて修正33sec差。

2位は同型艇のHANAMIZUKIで、リーチングで真後ろまで追いつかれてしまい5sec先着も修正で15sec差。

 

まあ色々と改善しなければならないことも多く、年間の目標レースに向けて準備していきたいと思います。

 

今年も一年、事故や怪我の無いように過ごしましょう!(祈)

 


忘年会

先週末は横浜でキールボートチームKOUFUの忘年会。

会員制CLUBなので写真NG^^;

 

昨日は会社の忘年会(笑)

お茶目な板前さん。

お面になっているのは目の前で捌かれたアンコウさんです^^;コワイ

 

今年もあと少しですね。

明日はクリスマスイブか〜^^;


湘南レース2018最終戦

昨日は湘南レースでキールボートKOUFU(FIRST40)。

15kt前後でヘッドセールがcode2という、かなりの好条件で上下ソーセージ2周を1レース実施。

 

年間最終戦ということもあって22艇もの艇団が一斉スタートでしたが、、、

スタートラインも狭く、まあ混みました^^;

バリバリのレーサーもいれば、サンデーセーラーまでレベルも様々。

 

私はこのレベルを見誤りまして、スタートの混戦に巻き込まれリコール艇に絡まれ揉まれ^^;

今年一番の酷いスタートを決めました(T^T)ク〜

 

その後も上側の船からジェスチャーで「どいてどいて」って^^;オイオイ

「スタート後の今は下側が航路権ありますから〜!そちらが避けて〜」

 

まあ、そんな感じのレースです。

混戦からグリグリ抜けて岸側よりへ伸ばし、なんとか上位に続いて上マークへ向かいます。

 

HPRのエスプリ(Carkeek 40 Mk2 GP)、KARASU(Mills41)がぶっちぎりで競りあい、その後ろを我々や光風同型艇のHANAMIZUKI(FIRST40)、ニッポンカップからここんとこ競り続けているVogue(JND36)とまとまって回航。同じカテゴリー艇が少なかったのでスリリングな展開です。フルメンバーの我々はクルーワークもバッチリで、大きなミス無く少しづつ前へ。

 

下マークを回ってからも上から降ってくる艇団がまたデンジャーで^^;

コントロールできずに突っ込んでくる艇を避けてまたロスを喰らい(T^T)ノ〜

 

結果、Vogueが修正1位サンブめ〜

我々KOUFUは37sec差で2位(T^T)また負けた〜

3位のエスプリさんとは22sec差^^;アブネ〜

 

レース後、悔しかったので練習^^;

体育会です…

 

夕方からの年間表彰式では上位3位以内には入らなかったので表彰は無し。

しかし、大抽選会では諸々の副賞をゲット。

私たち、人数多いですから…

 


ニッポンカップ2018

この週末はニッポンカップでした。

 

キールボート光風(First40)で参戦。

今回は私はヘルムで参加させてもらいました。

©by Juichi Hirai Bulkhead Magagine

これはレース前(なのでエンジンはかかっています)。バルクヘッドマガジン平井編集長のお写真。インフレータブルボートでの超接写でした^^;

こんなアングルの写真は滅多にお目にかかれませんよね^^

 

光風チームはクラス準優勝。vogue(JND36)にやられました。悔しか〜!

我々は2−(5)−1−2−2と言う結果でしたが、ベストなパフォーマンスを引き出すことが出来なかった感じです。

コンディションは味方だったのだけどな〜^^;

vogueのヘルムは三部選手(470級で2004年アテネ五輪を目指していたナショナルチームの好敵手)で、もう14年前!の五輪なんですね~_~;

当時を見る影もなくどデッカイ身体になっていましたが^^;セーリングセンスは流石ですね。。。

 

光風のタクティシャンはスナイプでもコンビを組んでいる私の嫁さんだったのですが、ディンギーのようにポンポンとタックを出来ないキールボートのコースは独特。難しい局面も多々あり悩みまくりでした^^;

©by Juichi Hirai Bulkhead Magagine

新生光風チームはこれからまだまだ上手くなりそうです(`_´)ノ

 


ジャパンカップ中止

11月に予定されていたジャパンカップが中止になりました。

 

申し込み締め切り時点での参加数はたったの3艇。

驚きです。

国内最高峰のキールボートレーサー日本一を決める大会だったのが、この有様とは。。。

 

何で急に11月開催になったり、場所も日程も3年間固定することになったんですかね。。。

毎年参加していたオーナーさんや選手達の意見は反映されていたのか疑問で、、、

全ての意見をまとめるのは不可能だとは思いますが、結果がこれですからね。

 

どんな経緯で誰が決めているのか全然知りませんが、残念な結果です。

いつもと同じで8月のお盆の時期の方が、皆さんまとめてお休みできたと思うのですが。。。

 

少なくとも全日本インカレと丸被りしないで欲しい(ーー;)

11月末の連休に大会が何も無くなったので、その辺で全日本スナイプとかジャパンカップになると有難いです^^;

 

 


週末は

この週末はキールボート光風(FIRST40)でした。

土曜日は南の大うねり24kt!で海上へ出ましたが、クルー1名が船酔いで撃沈^^;チーン

あえなく1時間で退散!

おとなしく船のメンテナンスに勤しみました笑

 

そして日曜日は湘南レース。

コースは秋谷沖から江ノ島沖までのイッテコイ。

良い風が吹いて1時間ちょっとでフィニッシュ。

順位も1位!

ファーストホームのKARASU(MILLS 41)と修正で2秒差^^;ギリギリ

 

 

さて今日はまた石川県へ移動。

小松空港に置いてきた自分の車をピックアップして七尾市へ。

トレーラーをピックアップして琵琶湖へコーチボートを運びます。

台風の動向を睨みながら安全第一ですね^^;

 


先週末は

更新が滞りまして申し訳ありませんm(_ _)m

 

先週末はキールボート光風(First40)で下田へ。土曜の石廊崎レースと日曜のトランスサガミへ参戦していました。

結果の方は4位と10位で全然走りませんでした( ̄◇ ̄;)

ロングのレースは難しいことが多いですね。。。

まだまだ修行が足りません。

 

そして、今週は東北へコーチングの予定でしたが、台風13号で中止。

こればっかりは仕方ありません^^;

会社でおとなしく事務作業に勤しむことにします


そしてこの週末は

この週末はキールボート光風(First40)でトランスサガミレースに参戦。

 

本日は、明日の下田への回航準備。

あまりに綺麗な景色に、このまま一人で海へ吸い込まれていきそうです^^;

 

明朝5時過ぎに出発^^;

起きられるかな〜

前回(3年前)は寝過ごして、まさかのオーナーに電話で起こされるという失態を犯しました(-_-;)

 

目覚ましsetしとこ( `ー´)ノ


この週末は

西日本の豪雨被害は大変な状況です。

災害によって亡くなった方のご冥福をお祈りするとともに、早急な災害復旧を願うばかりです。

 

西日本は大変な状況ですが、関東エリアの天候は安定しています。

週末は久しぶりのキールボート光風(First40)のトレーニングでした。

 

今年から念願の復帰です。

ビックボートチームのヘルムを持てるチャンスなど人生の中でも中々ありません。感謝です^^

 

また新たに一名の新人クルーを勧誘しました。金沢大ヨット部OB4年目の若手です。これで東北大や金沢大などでコーチングしてきた学連出身セーラーがチームの半数を占めています^^;

若手にチャンスを与えてくれるオーナーに感謝ですm(_ _)m

11月に行われる2018ジャパンカップを目標のレースに掲げます。

 

そういえば何故かジャパンカップと全日本インカレのスケジュールが今年は丸かぶりです。

場所も蒲郡のラグーナと海陽ヨットハーバーで隣同士^^;

数千人のセーラーと大会関係者が同じ期間に蒲郡に集まりますが、、、

大丈夫なんでしょうかね(−_−;)

 

インカレ予選を通過してから宿を探す学校は、ものすごく苦労することになるでしょう。。。

すでに蒲郡近郊の宿はどこも予約で埋まっていました(ーー;)

 

なんで急にジャパンカップの日程をあえてインカレと同じ日程に変えたんでしょうかね?(−_−;)今後3年間固定だそうな。

両方に関わっている人は少ないから関係無いのかな…

何か意図があって、良い方向で日程を被せたのか、組織が全く関係無いから上が勝手に決めただけなのか。。。

 

 


ニッポンカップ2016 スプリングシーズン

週末はAudiニッポンカップ2016でした。

photo by JUNICHI HIRAI/BUILHEAD magazineJAPAN
我々光風(FIRST40)は6-5-6 17pで総合6位と惨敗(>_<)
敗因は色々とありますが、兎に角冴えてなかったデス(-_-;)

レース展開はセオリーから外れることばかりしていましたし、らしくないレースばかりでした(T_T)
細かく説明すると朝になりそうなので割愛しますが、久しぶりのレースに自分が全然適応できていない感じです。
やはりレースから遠ざかるというのはよろしくない。。。
こういった現象を起こすのですね。良い経験でした。

次回はしっかりと目を覚まして、らしいレースをしたいと思います。
自分の誕生日だったというのに、全く…(-_-;)
なんて日だ!

優勝はLL8(ラッキレデ次砲2-1-2 5pで断トツ。
おめでとうございます。
2位STARBORD Jr、3位KARASUと続きます。表彰式では知った人が沢山いたのに驚きました。海上では全然気づかず^^;
しかし、休日の134Rの渋滞は酷いもので、全力で片づけてもシーボニアからは表彰式に1時間遅れでの到着です(>_<)
シーボニアから葉山のレースに出るのって厳しいですね。


photo by JUNICHI HIRAI/BUILHEAD magazineJAPAN
こちらはバルクヘッドマガジン編集長平井さん撮影の海面から見た画。面白い!

さて、私は遠征で溜まった仕事を今日中に処理して、明日は7時に出発して仙台へ出張!


メンテナンス

今日の湘南は予報通り爆風!

午前中は暴風雨。
午後は晴れてきましたが爆風で海は大荒れ(-_-;)
湘南レースは勿論中止です。

昨日も風が強く、光風(FIRST40)の出艇は断念(T_T)
メンテナンス日としました。

来月のニッポンカップに参加予定ですが、ぶっつけ本番になりそうなのでしっかりとメンテナンスに励みます^^;

夕方には作業を終え、晩御飯はみんなで三崎口の焼き肉「祥里園」へgo!
今日は解散。
したっ!

※祥里園は今年いっぱいでお店をたたむそうです(T_T)
連盟会長も行きつけの焼肉屋さんなのに(;_;)
 

新春湘南レース

この週末は今年一発目の湘南レース&新春親善レースでした。

日曜日の湘南は…
どこもかしこも、じぇんじぇん風がありませんでした(>_<)!

小網代沖から秋谷沖までのイッテコイのディスタンスレース。
風が無くてもスタートします(-_-;)

一時間半は漂いながら、ようやく南の微風で動き出して、秋谷沖ブイでコース短縮フィニッシュ。
我々光風の今年の出だしはまたもブービースタートということで^^;

今年から、私が居ないときのセカンドヘルムスマンを育てる計画です。今回のレースは金沢大OB若手470セーラーがラットを握りました。スキッパーは約5年ぶりらしい^^;
スタートではヒヤリとしましたが、でもまあ無事に何とかなりました(~_~;)

サラリーマンセーラーにとって、この時期は異動辞令のシーズンらしく。。。
既にクルーメンバーに異動発表があったりして、今年はクルー編成が大変そうです(>_<)

異動先でも頑張るんだよ〜^^/


湘南レース最終戦

この週末は湘南レース最終戦。

北っ気の風18ktと絶好のコンディションだったのに、今回は少々テンション低め(-_-;)カゼチョットツヨイナ
なぜならチームメンバーの休みが10名(;´・ω・)エ〜
急遽助っ人をお願いしまくったのですが全然つかまえられず(T_T)ガ〜ン
結局8名でレースに臨みました(-_-;)ダ、ダイジョウブカ?

前日練習ではハイクアウトがまさかの一人に^^;

メイントリマーは光風の「ジャーマンシステム」が今回初めて^^;
ぶっつけ本番でレースに挑みます。
一人二役をこなし、バウ&メイン(笑)、ピット&ヘッドトリマー、メイン&ガイ、ヘルム&メイン^^;
皆、ところどころ仕事をオーバーラップさせます。

レースは上下2周のソーセージコースが1レースのみ^^;
よし!1レースだけならなんとかしてしまおう…

スタートも競わず、スピンもゆっくり、ジブアップは普段の倍早めに。
超安全運転でコースを回り、ほぼノーミスで走りきることに成功(^^)v

そしたらなんと他の艇でミスやトラブルが続出して、いつの間にやらファーストホーム(*^^)v
修正でも1位で最終戦を飾りました( `ー´)ノヤッタゼ

年間表彰式も行われ、参加回数の少ない我々は入賞はしませんでしたが、ビンゴの景品でなんと新巻鮭丸一本をゲット!
ごっつあんですm(_ _)m

今年の成績はジャパンカップ準優勝、ニッポンカップ優勝、最終戦も1位と右肩上がり(*^-^*)
よい締めくくりとなりましたm(_ _)m


| 1/5PAGES | >>