calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

楽天ショップ

楽天トラベル

Amazon

ニッポンカップ2016 スプリングシーズン

週末はAudiニッポンカップ2016でした。

photo by JUNICHI HIRAI/BUILHEAD magazineJAPAN
我々光風(FIRST40)は6-5-6 17pで総合6位と惨敗(>_<)
敗因は色々とありますが、兎に角冴えてなかったデス(-_-;)

レース展開はセオリーから外れることばかりしていましたし、らしくないレースばかりでした(T_T)
細かく説明すると朝になりそうなので割愛しますが、久しぶりのレースに自分が全然適応できていない感じです。
やはりレースから遠ざかるというのはよろしくない。。。
こういった現象を起こすのですね。良い経験でした。

次回はしっかりと目を覚まして、らしいレースをしたいと思います。
自分の誕生日だったというのに、全く…(-_-;)
なんて日だ!

優勝はLL8(ラッキレデ次砲2-1-2 5pで断トツ。
おめでとうございます。
2位STARBORD Jr、3位KARASUと続きます。表彰式では知った人が沢山いたのに驚きました。海上では全然気づかず^^;
しかし、休日の134Rの渋滞は酷いもので、全力で片づけてもシーボニアからは表彰式に1時間遅れでの到着です(>_<)
シーボニアから葉山のレースに出るのって厳しいですね。


photo by JUNICHI HIRAI/BUILHEAD magazineJAPAN
こちらはバルクヘッドマガジン編集長平井さん撮影の海面から見た画。面白い!

さて、私は遠征で溜まった仕事を今日中に処理して、明日は7時に出発して仙台へ出張!


メンテナンス

今日の湘南は予報通り爆風!

午前中は暴風雨。
午後は晴れてきましたが爆風で海は大荒れ(-_-;)
湘南レースは勿論中止です。

昨日も風が強く、光風(FIRST40)の出艇は断念(T_T)
メンテナンス日としました。

来月のニッポンカップに参加予定ですが、ぶっつけ本番になりそうなのでしっかりとメンテナンスに励みます^^;

夕方には作業を終え、晩御飯はみんなで三崎口の焼き肉「祥里園」へgo!
今日は解散。
したっ!

※祥里園は今年いっぱいでお店をたたむそうです(T_T)
連盟会長も行きつけの焼肉屋さんなのに(;_;)
 

新春湘南レース

この週末は今年一発目の湘南レース&新春親善レースでした。

日曜日の湘南は…
どこもかしこも、じぇんじぇん風がありませんでした(>_<)!

小網代沖から秋谷沖までのイッテコイのディスタンスレース。
風が無くてもスタートします(-_-;)

一時間半は漂いながら、ようやく南の微風で動き出して、秋谷沖ブイでコース短縮フィニッシュ。
我々光風の今年の出だしはまたもブービースタートということで^^;

今年から、私が居ないときのセカンドヘルムスマンを育てる計画です。今回のレースは金沢大OB若手470セーラーがラットを握りました。スキッパーは約5年ぶりらしい^^;
スタートではヒヤリとしましたが、でもまあ無事に何とかなりました(~_~;)

サラリーマンセーラーにとって、この時期は異動辞令のシーズンらしく。。。
既にクルーメンバーに異動発表があったりして、今年はクルー編成が大変そうです(>_<)

異動先でも頑張るんだよ〜^^/


湘南レース最終戦

この週末は湘南レース最終戦。

北っ気の風18ktと絶好のコンディションだったのに、今回は少々テンション低め(-_-;)カゼチョットツヨイナ
なぜならチームメンバーの休みが10名(;´・ω・)エ〜
急遽助っ人をお願いしまくったのですが全然つかまえられず(T_T)ガ〜ン
結局8名でレースに臨みました(-_-;)ダ、ダイジョウブカ?

前日練習ではハイクアウトがまさかの一人に^^;

メイントリマーは光風の「ジャーマンシステム」が今回初めて^^;
ぶっつけ本番でレースに挑みます。
一人二役をこなし、バウ&メイン(笑)、ピット&ヘッドトリマー、メイン&ガイ、ヘルム&メイン^^;
皆、ところどころ仕事をオーバーラップさせます。

レースは上下2周のソーセージコースが1レースのみ^^;
よし!1レースだけならなんとかしてしまおう…

スタートも競わず、スピンもゆっくり、ジブアップは普段の倍早めに。
超安全運転でコースを回り、ほぼノーミスで走りきることに成功(^^)v

そしたらなんと他の艇でミスやトラブルが続出して、いつの間にやらファーストホーム(*^^)v
修正でも1位で最終戦を飾りました( `ー´)ノヤッタゼ

年間表彰式も行われ、参加回数の少ない我々は入賞はしませんでしたが、ビンゴの景品でなんと新巻鮭丸一本をゲット!
ごっつあんですm(_ _)m

今年の成績はジャパンカップ準優勝、ニッポンカップ優勝、最終戦も1位と右肩上がり(*^-^*)
よい締めくくりとなりましたm(_ _)m


優勝!Audiニッポンカップ

Audiニッポンカップ、おかげさまで優勝することが出来ましたm(_ _)m

やったね(^^)v

2日間とも良い風に恵まれました。よく吹いた^^;
いや〜、今回は色々起きました。
レース前にブローチングしかけて他艇と衝突しそうになったり、レース中に地球を釣ってみたり^^;いずれにしても色々とラッキーに助けられましたね。。。

成績は1-1-(3)-2-1 5pと結果オーライ。
今回のグループ分けはレーティング値できっちり分けられたので、HPR(ハイパフォーマンスレーサー)ボートとは別のグループでした。
よって、普段はスタートしてから艇団に離されないように必死に付いて行く展開になりますが、今回は最も高いレーティングになり自分たちが先頭を走らなければいけない展開。
そう、いきなり「やべえ、トップだ。どうしよう(-_-;)、次のマークどこだ?」とレースで初めてトップ回航した人と同じ状況になったわけです。

自分のコースをきっちり引いて後ろを離さなければならないのですから。。。これがとっても楽しいレースでした!(笑)
(対艇でなく)対風でコース引くのが好き。(今年からタクティシャンも乗っているのでかなり楽になったんですよね…)
第3レースの3位は(カットレース)は振動型のシフトから風軸の変わる一方通行型のシフト。主にシフトでコースを引く時の永遠の課題^^;どうしてもヘッダーを待ってしまうので、傷が広がっていくパターン。わかります?

スタートから左に振っていたので下から出て、一番最初にタック出来て、ポートリフトで上マークに向かいながらヘッダーを待ちます。
「ん?(リフトなのに)背中の艇団が上り始めたぞ?」
「あれ?リフトの数値をこえてリフトになってきた…これじゃ返せない。。。」
「背中がヤバイ。ちょっとのヘッダーで寄せていかないとマズイパターン。なのにちょっとのヘッダーも来ない。。。」
ってやつでした。
ま、岸に向かっていたので「岸のベンド」で予定通り最後の最後に少し寄せれたのですが、挽回しきれず。1レガッタに1回は必ずこういった展開があるんですよね。。。この時に大きく崩さないことが優勝争いの鍵になります。

第4レースは上マーク付近で地球を釣ってしまい、レース中にバックオーライ(-_-;)オーマイガッ!
まあ、沈をしたようなもんです^^;それでも2位まで挽回( `ー´)ノ

レース中、我々も何だかんだトラブルは起きますが他の艇も何だかんだトラブルを起こすので、最後まで諦めないで走り続けることが最も大事。それが今回の勝利に繋がった気がします。あとはコンディションが味方してくれたので順位をまとめることが出来ました^^vヨカッタ

チームメンバーも最高。レースやっててホントに楽しい^^オーナーに感謝です。

同クラス、近くで競っていたPROPAGANDA(A35 2位)は今年の全日本ミドルボート優勝艇(元エスメラルダ)。バリレーサーで速い速い。レーティング値は離れているにに、一緒に走られるので焦ります^^;

photo by Junichi Hirai/Bulkhead magazine
ビックジェネカーで飛ばすタイプの船なので、上下のコースはスピンの我々が有利でした。メンバーもバリバリ。ヘルムは大学の大先輩だし^^;

同じく競っていたEXOTIQUE(MAT1010 3位)もバリレーサー。ここにも大先輩が^^;

photo by Junichi Hirai/Bulkhead magazine
バウスプリットもあって、ダブルステアリング。コンディションが合えば速いんでしょうね…^^;吹いててヨカッタ

私は今回、全日本スナイプに出ないで(枠が届かなかったんですけどネ^^;)、Audiニッポンカップを選びました。そしてジャパンカップ準優勝チームのプライドが「絶対に負けられない戦い」でした。(ここで負けたらジャパンカップの威厳を損なうことになりますからね。。。)

photo by Junichi Hirai/Bulkhead magazine
吹けば速い。FIRST40は良い船です。
あと必要なのは「吹かなくても負けない」ですね^^;
今回は勝てて本当に良かったです。

あくまで参考でしかありませんが、スタートが別々でも同じコースを同じコンディションで走った全レース艇(メルジェス20を除いたIRC28艇)の各レース修正タイム(CT)でも良く走りました。
第1レースhttp://www.hmyc.or.jp/nc2015/results/autumn/r1.pdf
第2レースhttp://www.hmyc.or.jp/nc2015/results/autumn/r2.pdf
第3レースhttp://www.hmyc.or.jp/nc2015/results/autumn/r3.pdf
第4レースhttp://www.hmyc.or.jp/nc2015/results/autumn/r4.pdf
第5レースhttp://www.hmyc.or.jp/nc2015/results/autumn/r5.pdf

世間にはまだ上がいるので頑張ります^^v


運営スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
ありがとうございました。
 

光風(FIRST40)

今日の湘南は快晴!
とても良い天気です。
こんな日に海に出られる幸せたるや(^^)

光風(FIRST40)は2年間不調だったパロットピークをやっと新品に交換(NZ製のため取り寄せに苦労^^;)、バウパルピット形状もU字に改良。工事後初セーリングです^^
行ってきます!
 

湘南レース

長らく更新が滞りましてスミマセンm(_ _)m

先週は東京へ行ったり、この週末は湘南レースに光風(FIRST40)で出場。
8月のジャパンカップ以来のレースでした。

レースはブイ回りインショア2レース。
ド微風で1レースと微風で1レースという光風にはキビシイ条件でしたね(>_<)

1レース目はポートでの一本コース。マークの打ち替え無し。むむっ(-_-;)
途中風が無くなり、後ろに回り、ジェネカー→ジェネカーという上下の変則コースになってました。
光風は4位。

我々にとって湘南レースは普段体験できない非常識なレース^^;
これもトレーニングと思ってレースしています。

2レース目は上マークがなんと2個ある分身の術。
さて、どっちを回ろうか(-_-;)
どちらのマークも同じレースマークだったので、どっちでもルール上OKだったのですが、我々の方はどうやらハズレだったみたい。もう一個のマークに皆さんが向かったので、多数決であっち(>_<)オ~ノ~

そういえば、1レース目でKARASU(KING40)さんもセンチュリーファーストGP(GP33)さんも帰ってしまいました。そのお気持ち、分かります(*_*;

光風の順位は5位。4-5 9pで総合3位でした。
まあこのコンディションでは頑張りました、はい。

優勝は新艇になったプロパガンダチーム(A35)!
おめでとうございます。初戦を1位で飾るなんて、縁起が良い^^;
 

練習 練習

土曜日はキールボート光風(FIRST40)の練習日。

産休から2年ぶりに復帰したヘッドセールトリマーと、転勤から1年ぶりに復帰したスピントリマーがリハビリを兼ねて練習参加^^;
いや、まったくのブランクを感じさせないクルーっぷりはお見事でした。

日曜日は湘南レースでしたが、荒天で中止(-_-;)残念
20ktオーバーでしたが、これ以上荒れることも無い予報だったので練習( `Д´)/イクゼー

久しぶりのビックウェーブに皆のテンション上がります^^;
が、船酔いでテンションダダ下がりも数名^^;
お昼には上がりましたm(_ _)m

世間では国体やタモリカップやJ24ワールドなど色んな所で色んなビックレガッタが開催されているヨット週間だったようですね。アクセスカウンターも上がり気味な週末でした^^;
 

ミッションコンプリート

昨晩は諸事情によって私のスケジュールが変更され神奈川に戻ることになったので帰省ラッシュど真ん中に車で帰宅。サービスエリアで休みながら帰ったのですが、一回の仮眠時間が仮眠レベルで終わらない(-_-;)
結局着いたのはAM5:30(>_<)

そして今日はシーボニアへ。
蒲郡からの回航チームをお出迎え。
10時過ぎに無事到着^^

レース期間中は上架出来ないため黄ばんでしまった船底を「ポカリスェット」で洗浄。これが黄ばみを落とすんですよね。いわゆる「イオン分解」ってやつでしょうか。
黄ばみが落ちて白くなっていく船底を見て
「これ飲んでて大丈夫なんかな…^^;」
と思うほど。胃の中も真っ白になりそう^^;

船を片付けて、無事遠征終了!
お疲れ様でした!

photo by Kazushige Nakajima / DailySailing.com


光風ジャパンカップ準優勝

2015ジャパンカップ優勝はSWING(Botin40)!
最終レースのディスタンスレースで1位を獲得し逆転優勝!

photo by Kazushige Nakajima / DailySailing.com                               
おめでとうございます。

我々、光風(FIRST40)はディスタンスレースを何とか4位に入り、総合準優勝に!

photo by Kazushige Nakajima / DailySailing.com

KARASU(KING40)は最終レースを7位と落とし、総合3位。

photo by Kazushige Nakajima / DailySailing.com

今回、約50マイルのディスタンスレースは先行艇(ハイパフォーマンスBOAT)が先にフィニッシュした後に風が落ち、後続艇には苦しい展開でした。
我々KOUFUもSWINGには1時間遅れ、修正でも15分離されてのフィニッシュ。これだけ離されたら、諦めもつくってもんですf^_^;)

セミプロダクションBOATの光風にとって、バリバリのグランプリレーサーに囲まれての準優勝は十分な結果だと思います。

上マーク付近で交錯するSWINGと光風  photo by Kazushige Nakajima / DailySailing.com

こんな経験を、しかもヘルムスマンで経験できる私はとっても幸せ者です。
チームもまとまっていて、最高に楽しいジャパンカップでした。

photo by Kazushige Nakajima / DailySailing.com
また次回の目標に向けて精進していきます!

選手の皆さん、運営の皆さん、お疲れ様でした!

photo by 実行委員会
ありがとうございましたm(_ _)m

〈2015ジャパンカップ最終結果〉


大会hp→
http://www.tosc.jp/jc/

| 1/13PAGES | >>