calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

楽天トラベル

楽天

ヨットに乗る格好 2019春編

過去にも「ヨットに乗る服装 春服編」は書いていますが、あれから4年も経ってウェアも進化してるのでリニューアル。

 

と思いましたが、書いてみると実は当時とそんなに変わりません。

デザインは変わりましたが、例えばヒートテックは当時からあるし何か画期的なウェアが開発されたかというとそうでもない。

 

パドリングジャケット、ウェットスーツ、オイルスキン。

生地は進化するものの「ドライスーツ」が誕生した時のようなインパクトのあるものは開発されていませんね^^;

 

生地は薄く・軽く・伸縮性・透湿性が上がって機能と快適性は抜群に上がりました。が、寒い日の朝に、少し湿ったウェットスーツを着るあの切なさは今でも同じ^^;笑

 

さて、新入部員さんの試乗会も始まりますが、最初に揃えておくべきウェアを紹介。

多分、中学や高校の頃のジャージやスェットは皆さん持っているでしょう。

なので海に出る時、ヨットに乗る時のウェアについて詳しく解説します。

 

春期間は先輩のお古のウェットスーツなどで何とか凌ぎたいところ。

急にマイウェットスーツを揃えるのはハードルが高い。

でも寒さでヨット部が嫌になるのも避けたい。

 

レスキュー艇で見るだけの期間は、とにかく寒くないように。

出艇を手伝って、ももまで濡れた状態でレスキューに乗って半日見学は辛い(ーー;)

ここは是非、先輩たちがフォローしてあげてください。

 

ヨットに乗るようになったら、ダルマさんのように着ぶくれしていると危険です。濡れたり落水したら上がれません。沈みます。

ベースレイヤーとウェットスーツ、スプレートップのセットで薄くて暖かい格好にしましょう。

 

1.ベースレイヤー(一番内側に着る服)   

 

まずはこれ。肌に直接触れるベースレイヤー。

普段着ではユニクロのヒートテックのようなもの。

 

別に最初はヒートテックでも良いのですが、濡れたり運動したりすると不利。

ベースレイヤーに適したポリプロピレンのような生地でないと体温を奪われてしまいます。

 

運動して汗をかいてもべたつかず、さらっと乾いてくれる生地がベスト。

 

夏場はラッシュガード   

 

秋〜春はハイドロフリース系 

 

2.ウェットスーツ             

 

ウェットスーツは主に冬用(4~5mm厚)と春・秋用(1~3mm厚)があります。

春に冬用のウェットスーツを着ると暑い^^;

逆に、冬に春・秋用を着ると寒くて無理(ーー;)

 

また、フルスーツと呼ばれるワンピースタイプのものと上下セパレートになっているツーピースのタイプの2種類があります。

 

利便性を考えるとツーピースが圧倒的に便利。

上下セパレートなので、気温によって使い分けることで保温力を調整できます。

 

少し寒い日はスキフ(下)だけ 

 

暖かい日はトップ(上)だけ  

 

冬用のツーピースなら、ベースレイヤーと組み合わせて上手に使えばオールシーズンいけるかもしれません。

 

補足)

ウェットスーツの機能を発揮させるために、必ずショートのセーリングパンツを履きましょう。

ラッシュガードのshort pantsでもOKです。

ウェットスーツのままだと生地が傷んだり、滑りにくくて動きにくいんです。

安く上げるにはユニクロのサーフパンツでもOK。

 

セーリングパンツ

 

3.パドリングジャケット          

 

これはオールシーズン必要なマストアイテム。

基本的な機能は防風防滴なのですが、各メーカーとも生地に工夫を凝らして快適性を向上させています。

 

安価な物は1層構造→高機能・高性能なものは3層構造

 

いわゆる「呼吸する生地」を使用することで透湿性を向上させ汗をかいても蒸れにくく、快適性と保温性を両立させているわけです。

高いパドジャケは伊達に高いだけじゃない( ̄^ ̄)ノ

 

パドリングジャケット  

 

4.セーリングブーツ            

 

ヨットの上ではセーリング用のシューズやブーツを履きます。

ネオプレンとゴムの生地で出来ていて、足を保護+保温してくれます。

 

コックピット(船の中)は艤装品などの突起物やFRPの角で足を切りやすい環境。

ハイクアウトをすればベルトに足を掛けて体重が加わるのでハイクアウトに適したブーツが必要になります。

 

トラピーズや二人乗りでハードにハイクアウトしない方はシューズタイプ。

ハードにハイクアウトが必要な方は補強の入ったハイカットブーツがお勧めです。

 

シューズタイプ  

 

ハイカットブーツ 

 

補足)

足の保護という観点からウェットソックスと言う選択肢もありです。

一部の水域では水質環境のダメージで荒れてしまうこともあります。

そんな時はウェットソックスで足をカバーです。

 

ウェットソックス 

 

5.その他                 

 

取り敢えず上記のアイテムがあればヨット部は始められます^^

 

他に必要になってくるのは日よけのキャプやサンバイザー

 

サングラスも必需品ですね。

サングラスだけは安物はNG。瞳孔を開いて有害な紫外線を取り込んでしまいます

流れ止めを付けておけば安心。

 

グローブはワークマンやコンビニで売っているグリップグローブ(380円)でOK。

 

この季節はこんな感じです。(ブーツはたまたま履いていません^^;)

ベースレイヤー:ハイドロフリース上下(Gill)

ウェットスーツ:春・秋用1.5mm 上下セパレートタイプ(zhik)

パドリングジャケット(zhik)

保護用ショートpants(Gill)

ブーツ:ハイカット・ハードソールブーツ(ロンスタン)

 

過去記事↓

http://best-wind.jugem.jp/?eid=1303363

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック