calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

楽天トラベル

楽天

関西インカレ

遅くなりましたが、先週末の関西水域インカレ予選結果です。

大会は3日間で最大11レース予定で7レースが行われました。

初日は風弱く1レースのみ実施。運営も夕方まで頑張ったのですが、スタートしても途中レグで不安定になるなどで2レースがノーレースに。N旗のタイミングも内容も悪くなく、こればかりは仕方ありません。

 

2日目も軽風で3レースを行い、前半戦は軽風で4レースが行われました。

3日目は中風〜強風で3レースを実施。結果、微軽風半分強風半分で実力の出る結果だったと思います。

 

470級は関西学院と関西大が常に上位で争う展開になり関西学に軍配。関西大は今大会スナイプ級の参加が無く、全戦力を470に注いだ状況です。

全日本インカレ枠争いは最終第7レースを終えてボーダーの4位に近畿大と大阪大が同点(~_~;)

3日目は大阪大から色々な場所で抗議が出されていて、長い審問の結果大阪大のポイントが上がって4位大阪大、5位近畿大という結果に。

470級結果)

1位 関西学院大学 167点

2位 関西大学 207点

3位 甲南大学 239点

4位 大阪大学 266点

5位 近畿大学 273点

 

スナイプ級も終わってみれば関西学院の圧勝。残り3枠を巡って4校(大阪大、神戸大、府立大、甲南大)が最終レースまで争う展開に。

スナイプ級結果)

1位 関西学院大学 112点

2位 大阪大学 179点

3位 神戸大学 199点

4位 大阪府立大学 206点

5位 甲南大学 228点

という結果で、国公立大の躍進が目立ちました。

 

全レース、風向が北〜東となり振れの大きい状況で、運営が非常に難しい判断を迫られる場面が多くありましたが、公平で良いレース運営だったと思います。

 

しかし一つだけ学連レースを考えさせられることがありました…

レース初日に、とあるチームから参加約半数の15,6艇に対して抗議が出されました。内容は「風がなくなりノーレースになった後、支援艇の皆さんが曳航をしたこと」に対する抗議。何故抗議したかは、「曳航して良いと書いていなかったから。」だそうで。。。

装備品や飲料の授受はOKと書いてあるが、曳航は書いていないのでダメではないか?と…(−_−;)

当然抗議は却下されましたが。

 

レースの順位に全く影響のない、重箱の隅を突っつくような抗議はやめて欲しい。。。

というか、この抗議を出させたのはOBだったと聞きました。

もしその話が本当で、選手の本意では無かったならひどい話。そんな抗議で勝利を目指すような選手を育てて何になるんでしょうか。

 

レース前に既に分かっている、他艇の違反(例えばリコ番とかステッカーとか)があれば、レース中ではなくてレース前に指摘して抗議し公平なレースにすれば良い。

順位を陥れるためだけにする、極めてくだらない抗議は本当にやめて欲しい。

意見ついでに、レース中に抗議の掛け逃げ的なことをする選手をよく見かけますが、それも競技者としてどうかと思います。

 

そんな抗議だらけの大学生のレースを見た、未来あるジュニアセーラーなどが尊敬してくれますかね?目指す対象になりますかね?

別に「なぁなぁな甘ちゃんレースをしろ」という話ではありません。

ルールに則るという意味を履き違えている選手が多い。

私はそんな選手は絶対に認めないし、その後一流選手になることは無いと断言します。トップ選手にそんな輩は皆無です。

 

ヨットレースでの勝者は「フェアでクリーンで、それでいて速い者」というのが目指すべき姿ではないでしょうか。。。

 

 

さて、今回の大阪府立大ですがスナイプ級が4枠目に滑り込んで、何とか全日本インカレの切符を手にしました。

おめでとう!

創部以来56年、団体戦の通過の記録は無いので快挙!ということで^^;(記憶では40年以上前にあったらしいが定かではなく…^^;)

 

これまでの全ての積み重ねのおかげですね。私は年にたった3,4回のコーチングしかしていませんので、それだけで成長することは無いですし、そんな甘いものではありません。選手の努力と、関わる全ての人の熱意が繋がりました。

今回初めての予選通過に、「喜び方が分からない選手達」ブログ引用

胃の痛くなる3日間でしたが、目標を達成しました。

 

で、ここで目標達成で燃え尽きてはいけません。

応援してくれた方達のために、予選で敗退した選手達のために。

ただ全日本インカレに参加するだけのチームではアキマセン。

その日のうちに直ちに新たな目標設定をし、体制も組み替えて、全員で全日本インカレに臨みます。

目標は「クラス6位以内入賞!」です。

 

今大会、府立大は軽風の前半戦を470級4位、スナイプ級2位で折り返して強風の後半戦に突入。

強風に心共々吹き倒されてしまいました(~_~;)

課題は明確です。そしてこの後、何をテーマに鍛えていくか。

不得意科目を強化するのか?

得意科目を特化させるのか?

中途半端なことにならぬよう!

「安定感」と「瞬発力」は永遠のテーマですね^^;

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック